« 川俣東沢渓谷から美し森 | トップページ | 七ツ石山から鷹ノ巣山 »

東村山から八国山、将軍塚散歩

なんとなく、夏の疲れも出て、山はお休み。
数年ぶりくらいでどこへも山に行かない連休になりました。
でも、最後の日くらいはちょっとくらい歩こうと東村山へ散歩に。

2012091701

西武線東村山駅を出て、しばらく車の多い道路を歩いていきます。正福寺の千体地蔵堂に立ち寄ります。

2012091702

千体地蔵堂は都内唯一の国宝建築物だそうです。残念ながら外観しか見ることができませんが、やはり古さを感じさせてくれます。年に何回か一般公開されるようなので、お好きな方は調べて行ってみてはいかがでしょうか。

2012091703

北山公園に出ると驟雨。傘をだしましたがすぐに止んでしまいます。小学校を回り込んで進めば八国山緑地です。

2012091704

さすがにまだ夏の気温。蒸し暑さが残りますが、それでもごくわずかに秋の気配が漂っているような気がしました。

2012091705

のんびり歩いて将軍塚。新田義貞が陣をはった場所のようです。

2012091706

先を下って右に回り込むと久米川古戦場跡の碑がありました。

東村山駅までのんびり歩いて戻りました。

« 川俣東沢渓谷から美し森 | トップページ | 七ツ石山から鷹ノ巣山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東村山から八国山、将軍塚散歩:

« 川俣東沢渓谷から美し森 | トップページ | 七ツ石山から鷹ノ巣山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ