« 七ツ石山から鷹ノ巣山 | トップページ | イノシシに遭う、奈良倉山から三ツ森ノ頭北峰 »

久保から大室山、鐘撞山

6日(土)は丹沢へ。

2012100601

久しぶりに三ヶ木乗り換えで月夜野へ。まだ平日、土曜日運行の富士急長又行きバスは健在です。でも、土曜日は臨時扱いで別な営業所から来ているそうで、バス内の案内はなく、最初に運転手さんに降りるバス停を申告する形式でした。

2012100602

久保小学校前で下車します。最近は残念なことに廃校が増えていますが、この小学校はとてもきれいな校舎で健在のようです。

2012100603

久保吊橋を渡ります。しっかりした吊橋なので怖くはありませんが、かなり高い橋でした。

2012100604

山に取り付きます。植林の中を登っていきます。マイナーコースですから、踏み跡はしっかりしているものの、少し崩れたりしているところがありました。

2012100605

目玉おやじがいくつもいました!

2012100606

大渡からの道と合流します。最初は大渡から登るつもりでしたが、ba_sobuさんのサイトで橋が渡れないという情報を見て、久保からにしました。

2012100607

かなり登った頃、自然林に変わります。少し緩やかになりますが、大室山はまだ遠いです。

2012100608

古い道標がありました。これを見ると大室山まで1時間と書かれていましたが、とても1時間では着きそうもありません。実際、自分も頑張りましたが、1時間を少しオーバーしました。

2012100609

しばらく暗い感じの森の中のきつい登りを頑張り、樹相が変わり、さらに登っていくときれいな森の中を登るようになります。この付近はだいぶ踏み跡が怪しく、道というよりも踏み跡に近い感じになっていましたが、尾根はわかりやすいので、迷うことはなく、そのまま登っていけばよかったです。大きなブナはありませんでしたが、それでも丹沢らしい良い雰囲気でした。

2012100610

もう少し色づいている感じがありますね。

2012100611

山頂に着きました。お一人休まれていましたが、すぐに出発していったので、連休だというのに一人で静かな山頂を独り占めでした。まあ、まだ10時30分頃だったこともありますけど。

2012100612

下りは鐘撞山に向かいます。結構こちらもマイナーコースで踏み跡という感じです。途中の崩壊地付近はなかなか良い眺め。

2012100613

笹の中の道は、昔の丹沢はこんな感じだったのかなと思わせてくれる良い道でした。でも、ときどき邪魔な木があったりして、下をかいくぐりながら歩いたりしました。

2012100614

途中で踏み跡を外してしまい、変な所を降りかけました。仕方なく登り返しました。頭を冷やすために途中で昼食。再び踏み跡を辿ると、正しい道でした。かなりの急降下があって、石ザレているところもあるので、歩きにくい下りです。慎重に下ってわずかに登り返すと写真の左折場所に着きました。

2012100615

テープも見かけますので、それを頼りに下っていきます。このあたりはやはりマイナーコースらしいです。ようやく鐘撞山に着きました。鐘を突いてみると、わずかに高めの音が響き渡りました。

2012100616

しばらく下ってからキャンプ場と折花橋の分岐があり、折花橋に向かいました。しかし、途中でまた分岐が。これはどちらに進むのが正しいと思いますか?道標は下に落ちていてどちらを指していたのかわかりません。踏み跡は左も右も同じようなものです。しかも左下からはゴウゴウと滝の落ちるような大きな音が聞こえてくるのですよ。

2012100617

自分は右に行きかけましたが、戻って左を選択しました。ぐんぐん下っていって、笹のトンネルを抜けると下に道が見えました。少し進むと石段があったのですが、この石段が激ヤブ。写真の右手に石段がわずかに見えると思いますが、ここに出るのです。途中でヤブが体に絡みついた上に木の枝が邪魔して進めないんです。

仕方なく、ガードレールを乗り越えて、ガードレール沿いに下ってヤブが薄くなったところからまた石段を下り、最後のヤブを潜り抜けてようやく道路に出ました。写真にも見えていますが、降り立ったところに鐘撞山登山口と書かれていましたが、こんなところから登る人はいないでしょう。でも、正しく折花橋のわずかに手前でした。

2012100618

延々と道路を歩き、普通なら音久和に出るところですが、4時過ぎのバスまではかなりの時間があったのに、さらに東野まで歩きました。すると調べていなかったのですが、3時22分のやまなみ温泉行きのバスがあり、これに間に合いました。やまなみ温泉に入っていきたいところでしたが、次のバスは40分後で、その次は2時間後とバスの時間が合わず、今回はそのまま藤野駅に出ました。

2012100621

今日はリンドウが咲いていました。もう秋ですね。

 

« 七ツ石山から鷹ノ巣山 | トップページ | イノシシに遭う、奈良倉山から三ツ森ノ頭北峰 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久保から大室山、鐘撞山:

« 七ツ石山から鷹ノ巣山 | トップページ | イノシシに遭う、奈良倉山から三ツ森ノ頭北峰 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ