« 釈迦が岳、日尻山 | トップページ | ようやく... »

原全教さん「奥秩父」

失ってからこそ気づく、「健康」という言葉の意味。
やはり楽しく山を歩けるというのは、本当に幸せな事なんだなと思います。

ちょっとした病気にかかってしまい、しばらくは山に行けません。

こんなときは山の名著でも読みますか。

原全教さん「奥秩父」。山の本をたくさん出していた朋文堂から昭和8年に出版された本です。手に入れたものは再版になっています。

木耳社からの復刻版もありますが、これは貴重な原本。自分の大切な山の本の一冊です。

やはりこういう本はゆっくり読む時間のある時でないと難しいですね。

« 釈迦が岳、日尻山 | トップページ | ようやく... »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

リブルさ~~ん、体大丈夫??
病気とは無縁な感じに見えたから、ビックリしたよー!!
最近、お疲れの様子だなーって、ブログ見てたんだ…

『楽しく歩く』…基本的な事に、気付かない人が意外に多いんだよねぇ。
「足が早くなければいけない」とかって、つまんない事を言う人の方が実際多いんですよ。

私みたいに痛みを伴う病気で、長引かなければイイけど。
早く治るとイイね~~
お大事にね。

リブルさん、

ホント、普通に山を歩けるというのは幸せなことなんですよね。
今年はいろんな意味で思い知る年でもありました。

どんなご病気かはわかりませんけど、ご快癒されたあかつきにはご一緒しましょう!

おーー一っと!一緒に歩く時はあたしも誘ってね~~

…って、足でまといが何を云う。。(笑)

おやどうしました?
件の書はぼくも持っていますがまだじっくり読んだことがないのですよ、いつも必要なところだけ拾い読み
最近は目も怪しくなってきて度の強い眼鏡をかけないと読めなくて・・・
いずれにしろ早く回復されて元気に山を歩けるようになられることを祈っています
おだいじに

リブルさん こんばんは。
ご病気ですか。
充電期間と思って どうぞお大事になさってください。
また山レポを拝見するのを楽しみに待っています。

れれちゃん、こんにちは。
ありがとうございます。

自分もまさか病気になるとは思いもしませんでした。
ちょっと頑張りすぎたかな?
だいぶ痛みも減っては来ていますので、少しずつ良くなっているようです。
そろそろ薬を飲まなくても良いようになりたいな、という感じです。
痛みがなくなれば、温泉に行ってゆっくり湯治したいですね。

komadoさん、こんにちは。

自分がこんなことになるとは、まさに晴天の霹靂でした。
ちょっとずつ良くなっているようです。
まだしばらくかかりますが、普通に山を歩けるようになったら、ぜひ、ご一緒させてください。
その前にリハビリが必要ですが。(^^;

カセージンさん、こんにちは。
ありがとうこざいます。

カセージンさんもこの本をお持ちですか。
なかなかまとまった時間がないと、こういう本は読めないですね。
ようやく全部読みましたが、やはり奥秩父に対する原全教さんの思い入れが伝わってきました。
山だけでなく、山に住む人達への思いもかなり受け取れました。
「続奥秩父」もしっかり読まなくてはと思いました。

はなねこさん、こんにちは。
ありがとうございます。

「充電期間」というのは、良い考え方ですね。
病気でなくても、たまに山から遠ざかって少し離れてみると、
とても山に対する思いが募ってきます。
それを感じられるということは、やはり自分が山が好きということの裏返しなんだと思っています。

まだしばらくは山から遠ざかっていることになりそうですが、
たっぷり充電して、冬までには戻れるように頑張りたいです。

れれちゃん、

もちもちです。(^_-)

3年前に栃木の藪山歩へ向かう駅までの道で苦しくなり引き返して即入院その日の内に心臓のステント手術をして集中治療室にも入らずリハビリもしない(2泊3日)
で退院しました。こんなに簡単でいいかと思いつつ翌日にはハナネコノメを探しにへ たぶん山で倒れていたらアウトでしたね、つくづく運の強さを感じました。

今では元気の内に歩いて楽しもう そして何事があって「まぁしょうがない」精神で暮らしています。 ご自愛ください

リブルさん、痛み止めが出てるのかな。
いっぱい寝れば、体も少し違うから…(私の場合、痛み止めが無くて寝れなかったんで)
寒くなってきたから、くれぐれも風邪ひかないようにね。

komadoちゃん、その時はよろぴく。

komadoさん、れれちゃん、

ご心配ありがとうございます。
もし行けることになったら、誰でも拒んだりしませんから、
そのときはよろしくお願いします。
もちろん、ゆっくりプランでね。(^^)

ようやく普段は普通には歩けるようになってきました。
山はまだ無理ですが。

痛み止め飲んでます。
新しい薬をもらったので、これでさらに良くなることを祈っているところです。
副作用が発生すると眠くなるらしいので、寝たくなくても寝られそうですが。(^^;

takigoyamaさん、こんにちは。

ありがとうございます。
takigoyamaさんの書き込みの時はびっくりでしたね。
本当に運とtakigoyamaさんの本来持っている力のなせる業だったのでしょう。

最初はいろいろな症状があって、かなり心配したものの、
検査の結果、重い病気ではないことが分かったのでそれほど心配するようなものではありません。
なので早く山を歩けるように頑張ります!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原全教さん「奥秩父」:

« 釈迦が岳、日尻山 | トップページ | ようやく... »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ