« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月

横沢入 久しぶりに

山に行く障害は病気だけじゃないみたいです。
ようやく病気が治って歩けると思ったら、別な障害が。
それでも負けずに今日はちょっぴり歩いてきました。

2012112501

武蔵増戸駅を歩き出し、まずは大悲願寺へ。

2012112502

観音堂は寛政六年(1794年)に建立されたそうです。

2012112503

横沢入へ。なかなか里山の雰囲気がいい感じでした。

2012112504

紅葉もなかなか。自分は今年の紅葉はほとんど見ていないので、他の人から見たらたいしたことがないのかもしれませんが、とてもきれいな紅葉に思えました。

2012112505

まずは横沢小机林道をそのまま進み、峠から天竺山へ。社がありました。

2012112506

里山ですから、そんなにすごい眺めではありませんが、五日市の町並みを見ることができました。日陰で休むとやっぱり寒いですね。久しぶりに山の寒さを実感しました。

2012112507

峠に戻って北側尾根に入ります。そんなに歩く人は多くないようで静かな道がいい感じでした。

2012112508

ちょっと暗い感じの道のところもあってミニミニバリハイクっぽい感じがありました。東側尾根に入ると黄葉がいい感じです。

2012112509

思わず声を上げる、素晴らしい紅葉と大岳山。今年はもう素晴らしい紅葉は見られないのではと思っていたので涙が出そうになるぐらいでした。

2012112510

気持ちの良い道を下っていきます。

2012112511

下りついて、少し下流に向かいましたが、まだ1時。引き返してまた横沢小机林道に向かいました。やはり黄葉がなかなかいい感じでした。

小机に出て、武蔵五日市駅へ。

時間的にはわずか3時間ほどでしたが、楽しい山歩きでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小江戸川越散歩

まだ全快とはいかないので山はもう少しお預けですが、とりあえず歩いてみることに。

2012111001

西武新宿線新川越駅から歩き出し、まずは仙波東照宮へ。ここは日本三大東照宮の一つだそうです。

偶然にもちょうど本殿が公開されていました。本殿は外から見るだけですが、拝殿は中に入ってみることができます。狛犬や鷹の絵などを見ることができました。
一般公開は11月25日までのようですので、興味がある方はいかれてみてはどうでしょうか。

2012111002

喜多院でお参りし、回復を祈ります。せっかくなので内部を見学します。

2012111003

中には三大将軍家光誕生の間があって、古い馬の遊具や籠などが展示されていました。庭もなかなか良く、紅葉した木がなんともいい雰囲気でした。

2012111004_2

五百羅漢を見学します。たくさんの羅漢像はやはり畏敬の念に打たれます。

2012111005

しばらく歩き、川越高校の手前を曲がって少し行くと、川越城田曲輪門跡がありました。その先に見える高台は富士見櫓跡でした。

2012111006

さらに進んでいけば、川越城本丸御殿に着きました。現存している建物は詰所の部分だけです。部屋がいくつもあるというだけですが、襖の松の絵が印象的でした。

2012111007

右手に三芳野神社があり、その横にちょっとした盛り上がった部分があります。地図に三角点があるのはここかと見てみると、

2012111008

なんとあずまやの床に三角点が埋め込まれていました。これにはびっくり。

2012111010

川越市立博物館に入り、ゆっくり川越の資料などを見て、菓子屋横丁へ。お団子をぱくつき、芋チップスなどを買い込みました。すっかり夕方になってしまい、蔵作りの町並みを見ながら新川越駅へ戻りました。

帰りの具合を見るとやっぱりまだ山は無理そうです。早く治らないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようやく...

お医者さんに温泉に行ってもいいですかと聞いたところ、
この病気は温めると痛みが減るのでいいですよ、とのこと。
お墨付きをもらったので久しぶりに温泉へ。

2012110401

でも、あまり遠い温泉だと疲れてしまいそうなので、
自分の定番ですが、百観音温泉。

脱衣所がきれいになっていて、以前は脱衣場のロッカーの鍵指定でしたが、
今は自由に変わってました。(100円入れて後で返却)

お昼過ぎだったので、あまり人も多くなく、のんびり入れました。
やっぱり温泉はいいですね~。

1回だけじゃ劇的に効くわけではありませんが、
少しは良くなったかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »