« ようやく... | トップページ | 横沢入 久しぶりに »

小江戸川越散歩

まだ全快とはいかないので山はもう少しお預けですが、とりあえず歩いてみることに。

2012111001

西武新宿線新川越駅から歩き出し、まずは仙波東照宮へ。ここは日本三大東照宮の一つだそうです。

偶然にもちょうど本殿が公開されていました。本殿は外から見るだけですが、拝殿は中に入ってみることができます。狛犬や鷹の絵などを見ることができました。
一般公開は11月25日までのようですので、興味がある方はいかれてみてはどうでしょうか。

2012111002

喜多院でお参りし、回復を祈ります。せっかくなので内部を見学します。

2012111003

中には三大将軍家光誕生の間があって、古い馬の遊具や籠などが展示されていました。庭もなかなか良く、紅葉した木がなんともいい雰囲気でした。

2012111004_2

五百羅漢を見学します。たくさんの羅漢像はやはり畏敬の念に打たれます。

2012111005

しばらく歩き、川越高校の手前を曲がって少し行くと、川越城田曲輪門跡がありました。その先に見える高台は富士見櫓跡でした。

2012111006

さらに進んでいけば、川越城本丸御殿に着きました。現存している建物は詰所の部分だけです。部屋がいくつもあるというだけですが、襖の松の絵が印象的でした。

2012111007

右手に三芳野神社があり、その横にちょっとした盛り上がった部分があります。地図に三角点があるのはここかと見てみると、

2012111008

なんとあずまやの床に三角点が埋め込まれていました。これにはびっくり。

2012111010

川越市立博物館に入り、ゆっくり川越の資料などを見て、菓子屋横丁へ。お団子をぱくつき、芋チップスなどを買い込みました。すっかり夕方になってしまい、蔵作りの町並みを見ながら新川越駅へ戻りました。

帰りの具合を見るとやっぱりまだ山は無理そうです。早く治らないかなぁ。

« ようやく... | トップページ | 横沢入 久しぶりに »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

少しずつ回復している様子、ちょっと安心しました。

のぞむさん、こんにちは。

もっと大胆に回復(?)できたらいいのですけどね。(^^;
まあ、ちょっとずつでも満足しています。
来週はそろそろ一ヶ月だなぁ...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸川越散歩:

« ようやく... | トップページ | 横沢入 久しぶりに »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ