« 大崎から目黒散歩 | トップページ | 羽賀山から大平尾根、関八州見晴台 »

さいたま清河寺温泉

今年の初湯はさいたま清河寺温泉へ。

大宮駅からバスに乗り、約25分の清河寺(せいがんじ)で下車します。
施設はわずか先にありました。

20130113

入浴料は土日祝800円。

お風呂は広く、自分は入りませんでしたが、サウナや水風呂もあるようでした。
内湯へ入ると、まずは泡がまとわりつき、ん?と思ったら、人工炭酸泉のようでした。
かなりの高濃度みたいです。

外へ出ると、露天風呂があり、奥には樽風呂、奥側には寝湯もありました。
露天風呂は浴槽が分かれ、左奥があつ湯になっていました。
かなり熱めでピリピリ感が若干あります。
さくっと入って、普通のお湯へ。

でも、こちらも泡が体にまとわりつきます。炭酸ガスを含むお湯のようですね。
源泉浴槽がなかなか空きませんでしたがようやく空いたので入ると、かなりぬるめに感じます。
それでも体が温まった後だったのであまり寒さを感じさせず、しばらく入っていました。
やはり泡がまとわりつき、源泉そのものに含まれていることが確認できました。

とっても温まってよい温泉でした。また行きたいですね。

« 大崎から目黒散歩 | トップページ | 羽賀山から大平尾根、関八州見晴台 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さいたま清河寺温泉:

« 大崎から目黒散歩 | トップページ | 羽賀山から大平尾根、関八州見晴台 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ