« 熊倉山南西尾根からトヤド浅間 | トップページ | さいたま清河寺温泉 »

大崎から目黒散歩

12日は大崎から目黒付近を散歩しました。

2013011201

大崎駅西口を出て、まずは居木(いるぎ)神社へ。

2013011202

参道のすぐ横は富士塚だそうです。石の参道があり、確かにそれらしい雰囲気がありました。

2013011203

しばらく歩いて御殿山庭園へ。民間の庭園ですが、どちらかというとレストランのための庭園みたいです。滝があり、大量の水が流されていました。

2013011204

島津山へ行きますが、このあたりは女子大なので素通り。受付をすれば旧島津侯爵邸の外観を見学できるそうですが、普通、一人では行かないでしょう。(^^;
裏手を通って宝塔寺。こちらもあまり一般の人は歓迎していないような雰囲気なので、前を素通り。

2013011205

少し歩けば雉子神社があります。ビルの下にある神社でいかにも都会の神社という感じです。

2013011206

さらにしばらく歩いて池田山へ。池田山公園は崖を利用した高低差のある公園。上にある休憩所からは公園がよく見渡せました。

この後は地名だけが残る花房山を通り、目黒駅に出ました。

« 熊倉山南西尾根からトヤド浅間 | トップページ | さいたま清河寺温泉 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大崎から目黒散歩:

« 熊倉山南西尾根からトヤド浅間 | トップページ | さいたま清河寺温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ