« 武蔵五日市七福神 | トップページ | 熊倉山南西尾根からトヤド浅間 »

田野倉尾根から馬立山、御前山

4日(金)は大月近くの山へ。

2013010401
(田野倉尾根からの富士)

のんびり起きて大月駅で富士急線に乗り換え、田野倉駅で下車して歩きだします。

2013010402

取りつきはこんな感じで、おいおい、藪尾根かよ、と思うような出だし。でも、登山道に入るとしっかりした踏み跡が続いていました。ただし、ちょっと灌木の枝が邪魔だったり、倒木が邪魔したりするので、やっぱり歩く人は少ないようです。

2013010403

登っていき、後ろを振り返ると、素晴らしい富士山が!

2013010404

そんなにきつい道でもなく、ふらふらと登っていきます。ちょっと風が冷たかったものの、明るい尾根は気持ちいい感じ。

2013010405

途中で、九鬼山への道標がありましたが、無視して登ったら、667.3mのピークで三角点がしっかりありました。地元の方が付けたのか、「植野山」という表示がありました。

2013010406

その先の恩寵林標石のある小さなピークからも素晴らしい富士の眺め。

2013010407

前方には九鬼山へつながる稜線が見えました。ちなみに九鬼山は写真の右なのでここには入っていません。

2013010408

ちょっと頑張って九鬼山への登山道と合流し、もう少し頑張ると馬立山。でもあっさりしたピークなんですよね。

2013010409

しばらく歩いていきます。沢井沢ノ頭で初めて人に会い、その先からは数人に会いました。御前山が近づくと、岩頭がいくつか出てきて、避けて歩きます。御前山手前の分岐ではこれから下る予定の厄王権現への道が分岐しますが、そのまま御前山に向かいます。

2013010410

御前山に着きますが、こちらからの富士山もなかなか。もうお昼頃でしたが、風が強いせいかまだ雲が富士にかかっていませんでした。

2013010411

山頂付近は岩場で、なかなかの眺めでした。

2013010412

少し戻って厄王権現への道に入ります。左側がかなりの斜面になっていて、注意しながら下ります。途中には岩場のへりを歩くようなところもありました。雪や氷が付いた時は止めた方がいい道です。そんな道を少し進むと、厄王権現がありました。

2013010413

少し下ると樹林の中に入りますが、かなり冷えた空気で寒くなります。ぐんぐん下ると二ノ鳥居がありました。

2013010414

道標に従って下り、六合目や五合目といった表示を見て下っていくと、一の鳥居に出ました。

2013010415

水路を橋で渡り、下っていくと道路に出たところに厄王山道の碑がありました。

2013010416

大月駅に歩いても猿橋駅に歩いても同じくらいの距離らしいので、猿橋駅へ。
まだ1時過ぎと短い山歩きでしたが、楽しい山歩きでした。

|

« 武蔵五日市七福神 | トップページ | 熊倉山南西尾根からトヤド浅間 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

復活山行第二段ですね。
天気の良い日に富士が見えるルートを歩かれたようで、楽しい山行になって良かったですね。
次回猿橋に降りることがあったら○立人鉱泉に是非入らしてください。のんびりできますよ。

投稿: のぞむ | 2013年1月 6日 (日) 06時13分

のぞむさん、こんにちは。

やはり富士が近いのでこんな日は最高ですね。
あそこは行ったことがないんですよ。
一度は行ってみたいと思いつつ...。

投稿: リブル | 2013年1月 9日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田野倉尾根から馬立山、御前山:

« 武蔵五日市七福神 | トップページ | 熊倉山南西尾根からトヤド浅間 »