« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

顔振峠から大高取山

23日はちょっと物足りなかったので、久しぶりに連続山行で24日は奥武蔵へ。

2013022401

ちょっと寒い朝。吾野駅から顔振峠に登ります。下りは何度も歩いているけど、登りは初めてだったかも。奥多摩方面の眺めがなかなかでした。

2013022402

顔振峠に着きますが、風が寒いこと。このあと、風花が舞ったと思ったら、小雪ががんがん落ちてきたのにはびっくり。すぐ止みましたが。

2013022403

諏訪神社先からは、ぼんやりとビルが見えましたが、やっぱりスカイツリーはなんとなく薄ぼんやりで今一つでした。

2013022404

初めての一本杉峠。あまり峠らしくない峠でした。

2013022405

岩場を通って、鼻曲山。この日は風が強く、あまり長居する山頂ではありませんでした。

2013022406

途中にはかなりしっかりした四等三角点がありました。比較的新しそうですけど、もう角が欠けていますね。大切にしましょう。

2013022407

桂木観音下には眺めの良い場所があります。遠望は今一つでぼんやりでした。

2013022408

桂木観音は日だまりでポカポカと気持ちいい場所でした。

2013022409

大高取山は静かな樹林の中の山頂でした。

2013022410

虚空蔵尊への道は道標がなければ、畑への道としか見えないですね。

2013022411

虚空蔵尊へお参り。なかなか石段がきつかったです。

この後は越生駅へ出て帰りました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惣岳山へ

23日(土)はのんびり惣岳山へ。

2013022301

ゆっくり起きて出かけたので、軍畑駅で下車したのはもう10時前。
まずは東光寺から山に取り付きます。

2013022302

平溝尾根を登ります。2回ぐらい下降に失敗したいわくつきの尾根。やはり植林一色なので楽しいかというと微妙な所。

2013022303

こんな所で出るのかという所で沢井尾根と合流。

2013022304

登っていくと、まだ雪の残る惣岳山頂に着きました。
さすがにひっそり感があります。
この山を目的に登ってくる人は少ないでしょうね。

2013022305

沢井尾根を下ります。
途中までは一般道に近い感じですが、沢井駅への分岐を過ぎるとちょっとした岩場なんかもあって、やはり尾根歩きらしくなります。

2013022306

送電鉄塔からはちょっと眺めがあって、日差しがいい感じでした。

2013022307

なんでこんな所にと思う、道横にある490.5mの三等三角点。

2013022308

再度鉄塔を過ぎ、水道施設を見て、石段を下れば、もうわずか。線路の下をくぐって下りれば道路に出ました。軍畑駅に向かいますが、梅がほころび始めていました。
そういえば、日向和田の駅に駅員さんが何人もいましたが、梅園の人出を警戒してのことだったのでしょうね。

2013022309

駅に着くと電車が来るまで後2分というグッドタイミングでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北高尾の尾根遊び

16日は北高尾へ。

2013021601

珍しく急行バスが出て、関場で下車します。

2013021602

三本松山528m点尾根を登ります。巡視路なので踏み跡が続きました。鉄塔を過ぎてもわかりやすく、上部は明るい樹林になりました。

2013021603

随分お久しぶりの三本松山。北高尾山稜は静かなイメージがあったのですが、今は歩く人も増えたようで、かなりの人に会いました。

2013021604

しばらくアップダウンをこなし、鞍骨沢左岸尾根を下ろうと入ります。

2013021605

途中で踏み跡が怪しくなり、失敗したなと思いましたが、そのまま下りました。かなりの急降下で出たところはなんと明王林道。これにはびっくりでした。どうも西へ派生している支尾根に引き込まれたようです。

2013021606

別な尾根に取り付くつもりでしたが、どこで間違えたのかを確認したく、しばらく歩いて鞍骨沢林道に入り、尾根に取り付きました。

2013021607

伐採地を通ります。下には陣馬街道を見下ろすことができます。

2013021608

登っていったら、なんとこんな所に出るのか、という場所にたどり着きました。これは気づかなかった訳だ。ちょっと登ると見覚えのある稜線に出ました。

2013021609

少し雪の残る道をわずかに登れば堂所山。生藤山の眺めがよいです。

2013021610

縦走路に出ると、みんなに踏み固められて雪がこちこちに固まっていて滑ります。やはりストックを持ってくるべきでした。明王峠からはもう霞んでいましたが富士が見えました。

2013021611

矢の根方面に向かい、途中の大平小屋から貝沢に下りました。立入禁止の表示があったのですが、2月8日までと書かれていて、これならもう終わっているのだろうと入りました。途中には命の危険がありますとの注意書きも。

下っていくと、なんとまだ作業中。申し訳なく思いながら通り過ぎ、下にあった看板を見たら2月を線で消して3月に直されていました。おいおい、上の看板も直しておいてよ。知らぬが仏で無事に相模湖駅にたどり着きました。

ということで、貝沢付近は工事中で、少なくとも3月8日までは通行止めですので、良い子のみなさんは入らないようにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練馬散歩

11日は練馬近辺を散歩。

2013021101

練馬駅を歩きだし、まずは白山神社へ。

2013021102

境内には大きなケヤキの木が2本あり、国の天然記念物だそうです。

2013021103

しばらく歩いて十一ケ寺へ。蕎麦を食べにくるお坊さんが地蔵だと分かった時、夢枕で蕎麦のお礼に悪疫から守ってくれたそうで、蕎麦を奉納したというそば食い地蔵があります。

2013021104

さらに歩いて高稲荷神社。少し高台にある静かな神社でした。

2013021105

さらに少し歩くと「おはま井戸」があります。

2013021106

フェンスは開いておらず、入れなかったので外から見るだけですが、ここは氷川神社発祥の地だそうです。と言っても全国の氷川神社ではなく、練馬区の氷川神社の発祥の地だそうな。

このあとは桜台駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三室山南尾根から梵天山北東尾根

9日は奥多摩へ。

2013020901

つるつる温泉行のバスを白岩ノ滝バス停で下車して三室山南尾根に取り付きます。途中、登りにくいところがありましたが、あとは踏み跡が続いていました。植林が多いのはやむを得ないところ。

2013020902

林道を渡り、石段を登って先へ進めば、あっけなく登山道に出ました。

2013020903

ちょっと雪の残る道を進み、露岩を回り込んで登ると三室山。静かな山頂でした。

2013020904

日の出山に向かいます。途中の梅ノ木峠は車道の通る峠。でも、眺めはなかなかです。

2013020905

高峰、竜のひげと進んでいきます。高峰はだいぶ前に来たことがありますが、道標ができていたのにはびっくりでした。

2013020906

途中で巻き道に入って天狗岩を目指しましたが、露岩はあってもそれらしい場所にはたどり着けず。ちょっと残念でした。

2013020907

日の出山へ登れば、それなりに人がいました。向こうの山は丹沢、左手は大山でしょうか。

2013020908

個人的にはこれから歩く麻生山のこんもりが気になりました。

2013020909

金毘羅尾根に向かうと、伐採地を通ります。眺めはいいけど、雪が付くと結構高度感があります。

2013020910

麻生山林道の白岩滝への分岐は4月まで通行止めでした。あとでタルクボの頭への上りからよく左下の伐採地を見ることができました。

2013020911

前回五日市から登ってきた時に、気が付かず、通り過ぎてしまった白岩山の三角点。やはり前回は巻いている踏み跡をたどってしまったようでした。

2013020912

タルクボの頭の鉄塔にも立ち寄り、さらに梵天山へ。くる人もなく、静かな山頂です。

2013020913

梵天山北東尾根を下ります。途中の分岐は違う尾根に引き込まれそうになりましたが、磁石と地図で確認しながら進み、正しくこの巡視路に出られたことがわかってホッとしました。

2013020914

鉄塔を過ぎて、竹林を通りますが、これがまただいぶ倒れているので歩きにくく、また踏み跡も怪しくなりました。結局藪っぽい斜面を適当に下ると、神社付近に下りつけました。

2013020915

今日は寒いので温泉に入りたかったのですが、肝要まで歩くと、次の温泉行バスは1時間後。かといって歩くにはまだ温泉まで2Km弱坂道があるし、次の武蔵五日市駅行のバスは5分後。ということで、入浴は諦めて駅行のバスに乗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽賀山から大平尾根、関八州見晴台

3日は奥武蔵へ。

東上線に乗って久しぶりに越生駅へ。黒山行のバスは2月から増えましたが、乗ったのは自分一人でした。

2013020301

麦原入口で下車して歩き出します。

2013020302

あじさい街道から別れて歩き、戸神の集落を過ぎます。篠葉の池と書かれた場所がありました。奥の岩のあたりが湧水らしいのですが、水が湧いている雰囲気はなかったです。

2013020303

登山道を登っていきます。静かな道でした。途中で道を外して右に登ったのですが、羽賀山はもっと先でした。だいぶ進んでから右手の岩っぽいピークに登るとようやく羽賀山でした。

2013020304

わずか先の左手に石票が埋まっていましたが、どう見ても三角点には見えませんでした。

2013020305

しばらく歩いて道路に出てさらに進むと野末張見晴台に着きます。遠望は今一つでしたが、日光方面か雪を抱く山を見ることができました。

2013020306

道標はありませんでしたが、林道を離れて右手に入り、通る人も少ない感じの道を登っていくと、飯盛峠に着きました。

2013020307

ときどき山道を歩きながら少しずつ進み、ようやく関八州見晴台に着きました。

2013020308

もう何度も来ている山頂ですが、富士山が見えたのは初めてでした。

2013020309

武甲山は近いので言うまでもなく、向こうには両神山、その右手に小さく見えるのは二子山の岩峰でした。

2013020310

下山は高山不動尊へ。いつもながら大きさに圧倒されます。

2013020311

さらに下って石地蔵。天保の文字が見えますから、190年近くを過ごしてきた石仏ですね。今の世の中をどのように思っているのでしょうか。

2013020312

西吾野駅へ。駅への最後の上り坂が意外にきつかったです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »