« 練馬散歩 | トップページ | 惣岳山へ »

北高尾の尾根遊び

16日は北高尾へ。

2013021601

珍しく急行バスが出て、関場で下車します。

2013021602

三本松山528m点尾根を登ります。巡視路なので踏み跡が続きました。鉄塔を過ぎてもわかりやすく、上部は明るい樹林になりました。

2013021603

随分お久しぶりの三本松山。北高尾山稜は静かなイメージがあったのですが、今は歩く人も増えたようで、かなりの人に会いました。

2013021604

しばらくアップダウンをこなし、鞍骨沢左岸尾根を下ろうと入ります。

2013021605

途中で踏み跡が怪しくなり、失敗したなと思いましたが、そのまま下りました。かなりの急降下で出たところはなんと明王林道。これにはびっくりでした。どうも西へ派生している支尾根に引き込まれたようです。

2013021606

別な尾根に取り付くつもりでしたが、どこで間違えたのかを確認したく、しばらく歩いて鞍骨沢林道に入り、尾根に取り付きました。

2013021607

伐採地を通ります。下には陣馬街道を見下ろすことができます。

2013021608

登っていったら、なんとこんな所に出るのか、という場所にたどり着きました。これは気づかなかった訳だ。ちょっと登ると見覚えのある稜線に出ました。

2013021609

少し雪の残る道をわずかに登れば堂所山。生藤山の眺めがよいです。

2013021610

縦走路に出ると、みんなに踏み固められて雪がこちこちに固まっていて滑ります。やはりストックを持ってくるべきでした。明王峠からはもう霞んでいましたが富士が見えました。

2013021611

矢の根方面に向かい、途中の大平小屋から貝沢に下りました。立入禁止の表示があったのですが、2月8日までと書かれていて、これならもう終わっているのだろうと入りました。途中には命の危険がありますとの注意書きも。

下っていくと、なんとまだ作業中。申し訳なく思いながら通り過ぎ、下にあった看板を見たら2月を線で消して3月に直されていました。おいおい、上の看板も直しておいてよ。知らぬが仏で無事に相模湖駅にたどり着きました。

ということで、貝沢付近は工事中で、少なくとも3月8日までは通行止めですので、良い子のみなさんは入らないようにしてくださいね。

« 練馬散歩 | トップページ | 惣岳山へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北高尾の尾根遊び:

« 練馬散歩 | トップページ | 惣岳山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ