« 北高尾の尾根遊び | トップページ | 顔振峠から大高取山 »

惣岳山へ

23日(土)はのんびり惣岳山へ。

2013022301

ゆっくり起きて出かけたので、軍畑駅で下車したのはもう10時前。
まずは東光寺から山に取り付きます。

2013022302

平溝尾根を登ります。2回ぐらい下降に失敗したいわくつきの尾根。やはり植林一色なので楽しいかというと微妙な所。

2013022303

こんな所で出るのかという所で沢井尾根と合流。

2013022304

登っていくと、まだ雪の残る惣岳山頂に着きました。
さすがにひっそり感があります。
この山を目的に登ってくる人は少ないでしょうね。

2013022305

沢井尾根を下ります。
途中までは一般道に近い感じですが、沢井駅への分岐を過ぎるとちょっとした岩場なんかもあって、やはり尾根歩きらしくなります。

2013022306

送電鉄塔からはちょっと眺めがあって、日差しがいい感じでした。

2013022307

なんでこんな所にと思う、道横にある490.5mの三等三角点。

2013022308

再度鉄塔を過ぎ、水道施設を見て、石段を下れば、もうわずか。線路の下をくぐって下りれば道路に出ました。軍畑駅に向かいますが、梅がほころび始めていました。
そういえば、日向和田の駅に駅員さんが何人もいましたが、梅園の人出を警戒してのことだったのでしょうね。

2013022309

駅に着くと電車が来るまで後2分というグッドタイミングでした。

« 北高尾の尾根遊び | トップページ | 顔振峠から大高取山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

そういえば 平溝尾根って 東光寺からは歩いたことがないんだな。
そちらからがメジャーらしいから そこからも歩かないと。

いっきさん、こんにちは。

東光寺からはまだでしたか。
近いといつでも出かけられと思って、逆に行かないものですね。
でも、歩いてみれば、それなりに楽しかったです。

リブルさんは惣岳でしたか~同じ奥多摩でも雰囲気全然違いますよね。
そちらは梅も咲いててなんだか春っぽい♪
お加減はいかがですか?ゴン太さんが復活されてまた楽しくなりましたね(*^_^*)

cyu2さん、こんにちは。

体の方はちょっと前から完全復活して、調子は最高です。
先立つものの方があまり調子がよくありませんが。

このあたりは標高が低いので、やはり三頭山付近とは随分違いますね。
最盛期の吉野梅郷には行ったことがないのですが、
日の出山あたりとセットで楽しむのもいいでしょう。

今日あたりは結構暖かな感じで、もう春は間近ですね。
お花が咲くのが待ち遠しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惣岳山へ:

« 北高尾の尾根遊び | トップページ | 顔振峠から大高取山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ