« さいたま清河寺温泉 | トップページ | 三室山南尾根から梵天山北東尾根 »

羽賀山から大平尾根、関八州見晴台

3日は奥武蔵へ。

東上線に乗って久しぶりに越生駅へ。黒山行のバスは2月から増えましたが、乗ったのは自分一人でした。

2013020301

麦原入口で下車して歩き出します。

2013020302

あじさい街道から別れて歩き、戸神の集落を過ぎます。篠葉の池と書かれた場所がありました。奥の岩のあたりが湧水らしいのですが、水が湧いている雰囲気はなかったです。

2013020303

登山道を登っていきます。静かな道でした。途中で道を外して右に登ったのですが、羽賀山はもっと先でした。だいぶ進んでから右手の岩っぽいピークに登るとようやく羽賀山でした。

2013020304

わずか先の左手に石票が埋まっていましたが、どう見ても三角点には見えませんでした。

2013020305

しばらく歩いて道路に出てさらに進むと野末張見晴台に着きます。遠望は今一つでしたが、日光方面か雪を抱く山を見ることができました。

2013020306

道標はありませんでしたが、林道を離れて右手に入り、通る人も少ない感じの道を登っていくと、飯盛峠に着きました。

2013020307

ときどき山道を歩きながら少しずつ進み、ようやく関八州見晴台に着きました。

2013020308

もう何度も来ている山頂ですが、富士山が見えたのは初めてでした。

2013020309

武甲山は近いので言うまでもなく、向こうには両神山、その右手に小さく見えるのは二子山の岩峰でした。

2013020310

下山は高山不動尊へ。いつもながら大きさに圧倒されます。

2013020311

さらに下って石地蔵。天保の文字が見えますから、190年近くを過ごしてきた石仏ですね。今の世の中をどのように思っているのでしょうか。

2013020312

西吾野駅へ。駅への最後の上り坂が意外にきつかったです。

 

« さいたま清河寺温泉 | トップページ | 三室山南尾根から梵天山北東尾根 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽賀山から大平尾根、関八州見晴台:

« さいたま清河寺温泉 | トップページ | 三室山南尾根から梵天山北東尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ