« 惣岳山へ | トップページ | 丑田山から草戸山 »

顔振峠から大高取山

23日はちょっと物足りなかったので、久しぶりに連続山行で24日は奥武蔵へ。

2013022401

ちょっと寒い朝。吾野駅から顔振峠に登ります。下りは何度も歩いているけど、登りは初めてだったかも。奥多摩方面の眺めがなかなかでした。

2013022402

顔振峠に着きますが、風が寒いこと。このあと、風花が舞ったと思ったら、小雪ががんがん落ちてきたのにはびっくり。すぐ止みましたが。

2013022403

諏訪神社先からは、ぼんやりとビルが見えましたが、やっぱりスカイツリーはなんとなく薄ぼんやりで今一つでした。

2013022404

初めての一本杉峠。あまり峠らしくない峠でした。

2013022405

岩場を通って、鼻曲山。この日は風が強く、あまり長居する山頂ではありませんでした。

2013022406

途中にはかなりしっかりした四等三角点がありました。比較的新しそうですけど、もう角が欠けていますね。大切にしましょう。

2013022407

桂木観音下には眺めの良い場所があります。遠望は今一つでぼんやりでした。

2013022408

桂木観音は日だまりでポカポカと気持ちいい場所でした。

2013022409

大高取山は静かな樹林の中の山頂でした。

2013022410

虚空蔵尊への道は道標がなければ、畑への道としか見えないですね。

2013022411

虚空蔵尊へお参り。なかなか石段がきつかったです。

この後は越生駅へ出て帰りました。

 

 

« 惣岳山へ | トップページ | 丑田山から草戸山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔振峠から大高取山:

« 惣岳山へ | トップページ | 丑田山から草戸山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ