« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

消えた一番電車

「鉄」や18切符で山に行く興味のない人には関係のない話かもしれませんが、
調べたところ、朝一番の東京~静岡の直通電車が3月の改正で静かに消えてしまっていました。

あの電車に乗って、ずいぶん静岡方面の山に出かけたんですけどねぇ。
特急車両を利用していてリクライニングシートだったので、
早朝出発でもたっぷり寝ることができて、熱海あたりでお目覚め、
すっきり山に登れたのです。

今は沼津行になっています。
使用車両は分かりませんが、きっと変更になったのでしょうね。

自分的にはすごく残念な改正でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

滑沢山

23日は久しぶりに塩山へ。

2013032701

まだ生き残っている玉宮行のバスに乗りました。終点で下車すると、かなり年代物のバス停。実際には甲州市が委託しているので、山梨貸切自動車のバス停というのは微妙な所ですね。

2013032702

延々と林道を歩きます。途中からは南アルプスを眺められます。なお、今はこの道路はゲートに通行止の表示があり、途中では倒木の処理などを行っていたため、玉宮方面からは車は入れないようです。

2013032703

随分歩いて、坂脇峠。左の林道に入ります。

2013032704

尾根に取り付き、滑沢山を目指しました。

2013032705

急な所を登り切り、尾根のアップダウンをこなすと静かな滑沢山に着きました。

2013032707

さらに進んでいき、鉄塔を過ぎて防火帯があります。

2013032708

樹林の合間からは乾徳山を見ることができました。

2013032709

鉄塔を過ぎて下っていき、越道峠に近づくと、向こうが1002mのピーク。ひどい急坂でした。

2013032710

なおも尾根を進んでいくと、ようやく着いた恵林寺山。(扇山)

2013032711

さらに尾根を進んでいき、910m圏のピークを過ぎてさらに進むと竹森への道が分岐します。しかし、ここは直進してみました。

2013032712

しかし、それは失敗だったようで、ひどい急な森の斜面を下るはめになりました。しばらくひたすら木などを掴みながら下り、なんとか道に降り立ちました。すると、今度はフェンスがあって開けられるか心配になりましたが、獣害避けのもので、閂をはずせば開いたので助かりました。

2013032713

天気がどんよりとしてしまったのであまりきれいな写真は撮れませんでしたが、塩山ふれあいの森総合公園ではお花見が楽しめました。まだちょっと白い桜は早かったようでしたが、ピンクのものはよく咲いていました。

2013032714

ころ柿の里ウォーキングコースに入ってのんびり歩き、塩山温泉へ。まだ1時前に着いてしまいました。宏池荘は午後は1時からのようで、しばらく時間を潰してから入浴。久しぶりのぬるぬるのお湯はいつもながら良かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝日山(飯能)

20日(水)は飯能へ。

雨の予報だったのに降らないので、出かけてみました。
でも、家を出たのは10時を回っていました。そんな時間から歩けるのはやっぱり里山。

2013032001

ということで、飯能駅に降り立ったのはもう11時30分近く。割岩橋を渡って山に入ります。

2013032002

久しぶりのタチツボスミレでした。

2013032003

コブシが咲き始めていました。

2013032004

しばらく登って美杉台ビューテラス。それほどの眺めはありませんでした。

2013032005

朝日山平等院にお参り後、その先にある摩利支天宮に登ります。絵馬が左側にいくつもかかっていました。

2013032006

道路に戻って今は入れない展望台付近から山に取り付きます。ちょっと分かりにくかったですが、なんとか朝日山展望公園へ。広い公園で、もっといい天気の日だと楽しめたでしょうね。天気の良い日は富士なども見えるそうですが、この日は黄砂も来ているという最悪の日でした。

2013032007

ということで奥武蔵の山々さえぼんやりでした。

2013032008

戻って先へ。すぐに朝日山の三等三角点がありました。

2013032009

大河原に向かいます。途中はちょっと樹林も深く、やはり小さくても山なんだなと思います。

2013032010

飯能河原を渡って、神社などを見学し、飯能駅に戻りました。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

小沢岳

16日は久しぶりの西上州。
以前から行ってみたかった小沢岳に行ってみました。

2013031601

下仁田駅からのバスを坊主淵で下車します。自分以外にもおじさんが一人、やはり小沢岳を目指しました。

2013031602

道路を歩いていて、なにかのオブジェかと思ったら、お地蔵さんでした。なんでヘルメットなの?でも妙にマッチしていて笑ってしまいます。(^^;

2013031603

長い林道歩きで小沢岳登山口。まだ林道は続きます。

2013031604

椚峠付近は伐採中。でも、石仏が2体、しっかり残っていました。

2013031605

尾根道の横に林道ができていて興ざめです。昔からの登山道っぽい尾根道を歩き、かなり急な登りを頑張って山頂へ。眺めがよい割には三等三角点でした。

2013031606

山頂の石仏。

2013031607

やはり浅間山の眺めがいい感じでした。

2013031609

椚への道も興味はあったものの、素直に元の道を戻りました。もちろん12時台のバスには間に合わず、次は4時前なので、駅まで歩くことにします。だいぶ歩いた集落の付近にダンコウバイでしょうか、よく咲いていました。

2013031610

だいぶ歩いた所で振り返るとやはり形の良い小沢岳。ついさっきあの山頂にいたとは思えなかったです。

2013031611

駅に着いたのは2時頃と早かったので、南高崎駅で途中下車して、さくらの湯に入浴して温まって帰りました。→以前のさくらの湯のレポ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

那須温泉 鹿の湯

10日は、久しぶりに那須温泉の鹿の湯へ。

2013031001

鹿の湯はしばらく休業し、この3月から浴場がリニューアルされたと聞いたので、随分久しぶりに出かけてみました。

入浴料は今も変わらず400円。
廊下付近も新しくなっていて、壁にへこみができて座れるようになったのが新しいポイント。
浴場の形式などはまったく変わりはありませんが、白木を使ってきれいになっていました。

本当に久しぶりの酸性硫黄泉にたっぷり浸かって、すっかり硫黄臭くなって帰りました。(^^)

風が強く、東京も嵐状態で宇都宮線も一時運休。
おかげで2時間近く待たされた上に、途中駅でもだいぶ止まって、家までずいぶんかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩倉山(谷倉山)

たっぷりと節分草を見た後は、山へ。
以前に星野御嶽山には登っているので、今回は藪山の岩倉山へ。一応、栃木百名山にあげられているみたいです。

2013030911

前は自生地に近い星野遺跡入口バス停があったのですが、そのバス停はなくなり、星野遺跡前まで連れて行かれるようです。なので節分草を見学するならば、手前の星野新町で下車した方が近いです。

2013030912

カタクリ自生地を過ぎて山に取り付きます。林道に入るとあまり入る人もいないような感じです。林道終点から踏み跡を辿りますが、やはり歩く人はいなさそうです。凡天山見晴台と書かれたプレートがありましたが、今はどう見ても展望台には見えません。

2013030913

先へ行くと植林の尾根になり、踏み跡を辿ると山を巻いてしまうので、適当に樹林に突っ込みました。笹薮などもあり、踏み跡のないところも多々あります。写真は尾根ピーク付近。

2013030914

樹林の中を辿っていきます。薄い踏み跡を辿っていくと山頂に着きましたが、電波塔があり、三角点は暗い樹林の中で眺めもありませんでした。

2013030915

山頂から北へ巡視路をしばらく行くと眺めのある場所があり、そこからはだいぶ霞んでいましたが、男体山などの日光の山を見ることができました。

2013030916

山頂に戻り、西に進みます。

2013030917

鞍部を過ぎて465mのピークから南への尾根に入りますが、これがとても分かりにくい尾根。先まで行って戻ったり、誤って違う尾根に入ってしまい、登り返したりして正しい尾根を辿るのが難しい尾根です。特に下部は踏み跡もなく、こんな尾根を辿る人はほとんどいなさそうでした。

2013030918

なんとか藪の中に四等三角点を見つけた時は久しぶりにガッツポーズ。(^^;

2013030919

しかし、最後の最後でまたひどい植林の激藪。斜面を無理矢理下降してなんとか星宮神社に下りつけました。無事に下りられたことをお祈りして終了。

2013030920

すぐ先に星野御嶽山入口バス停があります。まだバスまでは時間が1時間ほどあったので再度節分草を見に行き、のんびりと帰りのバスを待ちました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

星野(栃木)のお花

遅くなってしまいましたが、先週は5年ぶりに栃木の星野へ。

2013030906

やはり会いたくなるのは節分草。でも、今年は急に暖かくなってしまって、ちょっと遅かった感じがありました。

2013030901

それでも、それなりにたくさん咲いていましたよ。

2013030903

もちろん福寿草も咲いています。

2013030902

キクザキイチゲも数は少ないけど咲いていました。

2013030904

マンサクもあります。

2013030905

ロウバイの香りが楽しめました。

やはりたくさんのお花に会えるのはいいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丑田山から草戸山

3日は草戸山へ。

2013030301

橋本駅から大戸行のバスを青少年センター入口で下車して歩き出します。

2013030302

若宮八幡宮は以前にも来たことがあります。

2013030303

裏手を登っていけば、丑田山に着きます。ここは雨乞い場の碑があります。ここに来たせいかどうか、俄かに曇ってきました。

2013030304

さらにアップダウンをこなしていくと、権現平に着きます。

2013030305

左手の草戸峠に向かいます。しばらく歩いていくと、青少年センターへの道が分かれていました。どうも周回コースが作られているようです。この先にも分岐があったりして、結構いろいろコースがあるようです。

2013030306

草戸峠に着きます。外国人のグループが休憩中でした。

2013030307

久しぶりに草戸山。天気が今一つのせいか、人もそんなには多くありませんでした。

2013030308

城山湖に下りました。

2013030309

堰堤を通ってさらに歩き、金毘羅神社へ。

2013030310

梅園がありましたが、まだまだこれからのようです。3月半ば頃がよいようです。

穴川尾根に入り、下っていきます。

途中には以前行った城山カタクリの里への分岐がありました。来週3月9日から開園だそうです。散歩ついでにお花を見に行くのもいいと思います。→2011年3月のレポはこちら
時期によっては橋本駅からの直行便(PDF) もあります。

2013030311

尾根を最後まで歩き、小学校の先を左に入りましたが、農地で迷い、だいぶ大回りしてようやく境橋のバス停にたどり着きました。相原行に乗り、相原駅から帰りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »