« 滑沢山 | トップページ | 霧の中のミツマタを見に »

消えた一番電車

「鉄」や18切符で山に行く興味のない人には関係のない話かもしれませんが、
調べたところ、朝一番の東京~静岡の直通電車が3月の改正で静かに消えてしまっていました。

あの電車に乗って、ずいぶん静岡方面の山に出かけたんですけどねぇ。
特急車両を利用していてリクライニングシートだったので、
早朝出発でもたっぷり寝ることができて、熱海あたりでお目覚め、
すっきり山に登れたのです。

今は沼津行になっています。
使用車両は分かりませんが、きっと変更になったのでしょうね。

自分的にはすごく残念な改正でした。

« 滑沢山 | トップページ | 霧の中のミツマタを見に »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

知りませんでした。便利になる一方で採算がとれない路線は削ってしまうのでしょうね。

のぞむさん、こんにちは。

まあ、JR東日本とJR東海で路線が分断されているので、今まで残っていたのが奇跡的なのかもしれません。
乗り継げば、それまでと変わらない時間に静岡には着きますので、
すごく不便になった訳ではありませんし。

昔は長距離を走る電車がかなりあったのですが、最近はあまりないですね。
車両運用の都合なんでしょう。

リブルさん、

とうとう廃止になりましたか。
久しく乗っていませんが、朝のは静岡の山へ行くときに品川から。帰りの夜は関西から18切符で帰るとき、静岡19時台のこのスジに合わせて乗り継いでいました。

まぁながらが臨時になった時点でいつ消滅してもおかしくなかったわけですから、よく残してくれた方なのでしょうね。

komadoさん、こんにちは。

komadoさんも以前に使われていたのですね。
自分も前は品川からでしたが、そのうちに時刻改正で東京から乗れるようになって便利になりましたが、
それも長くはなかったことになりました。

明日はかなり天気が悪いみたいですね。
せっかくの切符が...。(T_T)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えた一番電車:

« 滑沢山 | トップページ | 霧の中のミツマタを見に »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ