« 小沢岳 | トップページ | 滑沢山 »

朝日山(飯能)

20日(水)は飯能へ。

雨の予報だったのに降らないので、出かけてみました。
でも、家を出たのは10時を回っていました。そんな時間から歩けるのはやっぱり里山。

2013032001

ということで、飯能駅に降り立ったのはもう11時30分近く。割岩橋を渡って山に入ります。

2013032002

久しぶりのタチツボスミレでした。

2013032003

コブシが咲き始めていました。

2013032004

しばらく登って美杉台ビューテラス。それほどの眺めはありませんでした。

2013032005

朝日山平等院にお参り後、その先にある摩利支天宮に登ります。絵馬が左側にいくつもかかっていました。

2013032006

道路に戻って今は入れない展望台付近から山に取り付きます。ちょっと分かりにくかったですが、なんとか朝日山展望公園へ。広い公園で、もっといい天気の日だと楽しめたでしょうね。天気の良い日は富士なども見えるそうですが、この日は黄砂も来ているという最悪の日でした。

2013032007

ということで奥武蔵の山々さえぼんやりでした。

2013032008

戻って先へ。すぐに朝日山の三等三角点がありました。

2013032009

大河原に向かいます。途中はちょっと樹林も深く、やはり小さくても山なんだなと思います。

2013032010

飯能河原を渡って、神社などを見学し、飯能駅に戻りました。



« 小沢岳 | トップページ | 滑沢山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

リブルさーーん、
3枚目の写真…「コブシ」じゃないかなぁ?
真ん中の一番下にある花をよく見ると。。
花のすぐ下に葉っぱが1枚ちょこんと見えるんだけど。。どうかな?

れれちゃん、こんにちは。

ありがとうございます。
確かにコブシみたいですね。
お花がほとんど同じだからつい間違えてしまいます。(^^;
本文も修正しておきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日山(飯能):

« 小沢岳 | トップページ | 滑沢山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ