« 顔振峠から大高取山 | トップページ | 星野(栃木)のお花 »

丑田山から草戸山

3日は草戸山へ。

2013030301

橋本駅から大戸行のバスを青少年センター入口で下車して歩き出します。

2013030302

若宮八幡宮は以前にも来たことがあります。

2013030303

裏手を登っていけば、丑田山に着きます。ここは雨乞い場の碑があります。ここに来たせいかどうか、俄かに曇ってきました。

2013030304

さらにアップダウンをこなしていくと、権現平に着きます。

2013030305

左手の草戸峠に向かいます。しばらく歩いていくと、青少年センターへの道が分かれていました。どうも周回コースが作られているようです。この先にも分岐があったりして、結構いろいろコースがあるようです。

2013030306

草戸峠に着きます。外国人のグループが休憩中でした。

2013030307

久しぶりに草戸山。天気が今一つのせいか、人もそんなには多くありませんでした。

2013030308

城山湖に下りました。

2013030309

堰堤を通ってさらに歩き、金毘羅神社へ。

2013030310

梅園がありましたが、まだまだこれからのようです。3月半ば頃がよいようです。

穴川尾根に入り、下っていきます。

途中には以前行った城山カタクリの里への分岐がありました。来週3月9日から開園だそうです。散歩ついでにお花を見に行くのもいいと思います。→2011年3月のレポはこちら
時期によっては橋本駅からの直行便(PDF) もあります。

2013030311

尾根を最後まで歩き、小学校の先を左に入りましたが、農地で迷い、だいぶ大回りしてようやく境橋のバス停にたどり着きました。相原行に乗り、相原駅から帰りました。

 

« 顔振峠から大高取山 | トップページ | 星野(栃木)のお花 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丑田山から草戸山:

« 顔振峠から大高取山 | トップページ | 星野(栃木)のお花 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ