« 星野(栃木)のお花 | トップページ | 那須温泉 鹿の湯 »

岩倉山(谷倉山)

たっぷりと節分草を見た後は、山へ。
以前に星野御嶽山には登っているので、今回は藪山の岩倉山へ。一応、栃木百名山にあげられているみたいです。

2013030911

前は自生地に近い星野遺跡入口バス停があったのですが、そのバス停はなくなり、星野遺跡前まで連れて行かれるようです。なので節分草を見学するならば、手前の星野新町で下車した方が近いです。

2013030912

カタクリ自生地を過ぎて山に取り付きます。林道に入るとあまり入る人もいないような感じです。林道終点から踏み跡を辿りますが、やはり歩く人はいなさそうです。凡天山見晴台と書かれたプレートがありましたが、今はどう見ても展望台には見えません。

2013030913

先へ行くと植林の尾根になり、踏み跡を辿ると山を巻いてしまうので、適当に樹林に突っ込みました。笹薮などもあり、踏み跡のないところも多々あります。写真は尾根ピーク付近。

2013030914

樹林の中を辿っていきます。薄い踏み跡を辿っていくと山頂に着きましたが、電波塔があり、三角点は暗い樹林の中で眺めもありませんでした。

2013030915

山頂から北へ巡視路をしばらく行くと眺めのある場所があり、そこからはだいぶ霞んでいましたが、男体山などの日光の山を見ることができました。

2013030916

山頂に戻り、西に進みます。

2013030917

鞍部を過ぎて465mのピークから南への尾根に入りますが、これがとても分かりにくい尾根。先まで行って戻ったり、誤って違う尾根に入ってしまい、登り返したりして正しい尾根を辿るのが難しい尾根です。特に下部は踏み跡もなく、こんな尾根を辿る人はほとんどいなさそうでした。

2013030918

なんとか藪の中に四等三角点を見つけた時は久しぶりにガッツポーズ。(^^;

2013030919

しかし、最後の最後でまたひどい植林の激藪。斜面を無理矢理下降してなんとか星宮神社に下りつけました。無事に下りられたことをお祈りして終了。

2013030920

すぐ先に星野御嶽山入口バス停があります。まだバスまでは時間が1時間ほどあったので再度節分草を見に行き、のんびりと帰りのバスを待ちました。

« 星野(栃木)のお花 | トップページ | 那須温泉 鹿の湯 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

食事処「里の蔵」が、14~5年前に店じまいしてしまったので、星野遺跡入口の
バス亭が消滅してしまったのですね。2013年3月時点で、バス本数、少し前と
差がないようですね。御報告どうもありがとうございます。

長さん、初めまして。

自分が5年ほど前に行ったときにはまだバス停がありましたので、
変更になったのはここ数年以内の事だと思います。
以前は7時台のバスを逃すと9時台はなく、次は遅い時間しかなかった気がしますが、
これは、あまり記憶が定かではないです。
星野御嶽山止まりだったバスが出流観音まで延長されて、
結構本数が増えたのは前と変わった点ですね。

それでも地元の方で乗る人はそれほど多くはないので、
どんどん観光客も乗って、維持したいものですね。

地元の方。バス代が高かった頃のイメージが
あるんでしょうね。鹿沼市のりーバスとの比較
の話を、15年位前に、たまに耳にしましたよ。
今は、向こうの方が寂れてしまいましたが。
私は、バス代が高かった前世紀に、関東バス
に、だいぶん貢ぎましたが、それが効いている
感覚は、あんまり無いですね。個別の客の力
なんて、たかが知れてましたよ。なんだかんだ
言っても、駅前の雰囲気からみても、鹿沼市等
に比べて、そこそこ街の栄えている栃木市自体
が、こんご、急激に寂れない幸運を、願うだ
け位しか、私にはできないですね。

バス代がある程度高いのは仕方ないですね。
自治体運営のバスが安いのは赤字覚悟で、交通弱者に対する利便性の提供ですから。

観光客が乗る、と言っても、土日が主体で、なかなか平日に乗るのは難しいと思います。
この路線の平日の状況は分かりませんが、やはり地元の方が乗らないと今後の維持は難しいでしょうね。

栃木市営バス、今は安いですよ。
リーマンショックの後、片道730円を300円に値下げしたのですが。
知らずに車のみの方、けっこう地元ではおいでだと思いますね。

そうですね。行きも帰りも300円でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩倉山(谷倉山):

« 星野(栃木)のお花 | トップページ | 那須温泉 鹿の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ