« 武川岳から蕨山 | トップページ | アカヤシオ不発 宗屋敷尾根から熊倉山 »

多摩川台古墳と六郷用水

今週は、また山に出かけられず、ウォーキング。
今日は冷たい雨の降る中、古墳を見に行きました。

初めて渋谷でホームの変わった東横線に乗り換えます。
こんな駅だったのかとおのぼりさん状態でした。

2013042101

多摩川駅で下車して少し歩けば、もう多摩川台古墳の一角。それほど大きなものではありませんが、いくつも古墳があり、また管理塔の建物の中には古墳展示室もあって、装飾品などが展示されていました。

2013042102

雨のせいか、新緑がきれいで、これが都会の一角にあるとは思えない雰囲気でした。

2013042103

この時期の公園でときどき見かけるキンさんもいらっしゃいました。

2013042104

小さいけれど藤棚もありました。

2013042105

少し歩くと六郷用水の跡。

2013042106

水はちょっと濁っていたものの、鯉が泳ぎ、場所によっては亀もいて、なかなかでした。

2013042107

途中には庚申塔がありました。村の災厄を防ぐために置かれているものだそうです。

2013042108

その先、少し迷ってしまい、以前歩いた鵜の木松山公園の横穴墓群に偶然出たりしました。環八沿いを少し歩き、白山神社を見つけて、小さな東急池上線久が原駅まで歩きました。

« 武川岳から蕨山 | トップページ | アカヤシオ不発 宗屋敷尾根から熊倉山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

おや、多摩川べりの古墳をのぞかれたのですか。
その辺りも訪ね歩きたいなあと思っていたので、つい反応してしまいました。
そんな変化球も私は好きです。

zioさん、こんにちは。

自分はほんのさわりだけですが、結構このあたりは古墳が多いようで、
いろいろ見て回る4時間ほどのコース設定もあるようです。

たまにはいにしえに心を馳せてみるのもまたいいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川台古墳と六郷用水:

« 武川岳から蕨山 | トップページ | アカヤシオ不発 宗屋敷尾根から熊倉山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ