« 成東散歩 | トップページ | 多摩川台古墳と六郷用水 »

武川岳から蕨山

13日は奥武蔵へ。

2013041301

飯能から湯の沢行のバスに乗ります。ゴン太さんとまさかのニアミスだったそうな。
そんなことはつゆ知らず、軽く体操してすぐに出発。8時過ぎです。
植栽のミツバツツジや枝垂桜など、車窓はカラフルでした。やはり春ですね。

2013041302

天狗岩コースを選択。実は初めてなのです。岩場になると咲残りのカタクリが花を閉じていました。

2013041303

天狗岩はもちろん男坂を選択。手がかり、足がかりは豊富でしたが、ちょっぴりルートが分かりにくいので、慣れていない人は注意。

2013041304

ぐんぐん登って武川岳。もうすでに先客がおりました。そそくさと妻坂峠方面に進みます。

2013041305

去年も来たのでしっかり見覚えのある妻坂峠。石仏も健在です。

2013041306

ぐんぐん登っていきます。やはり人が多いですね。大持山も人が多かったです。
まだこのあたり芽吹き前という感じ。空気もまだ冷たい感じでした。

2013041307

鳥首峠へ向かいます。今回の目的の一つはこのウノタワへ行くこと。以前にも来たことがあるのですが、松浦氏の本に常八の伝説が紹介されていて、久しぶりにいきたくなったのでした。

2013041308

これまた随分久しぶりの鳥首峠。まだレポも書いていない初心者の頃に来たことがあるだけなので、20年近く経っているでしょうか。もちろん当時のことはほとんど記憶にありません。

2013041309

左から吹き上げてくる風が冷たく、手がかじかみ、薄手ですが手袋をつけたくらいでした。
稜線にでると暖かいですが、今度は大規模な森林伐採に唖然とします。
ここまで徹底的にやられると言う言葉をなくします。
稜線に出た所からヤシンタイノ頭あたりまで広河原谷方面はほとんど伐採されつくしていました。

2013041310

久しぶりの橋小屋の頭。さすがに疲れてきました。ここで1時。松浦氏の長尾丸まで歩いているコース取りのちょっとだけ悪魔のささやきがありましたけど、そんな無茶はせず、蕨山に向かいました。

2013041311

急降下してからは比較的ゆったりのアップダウンで蕨山。ちょこっと大持山や武川岳が見え、あそこから歩いてきたんだなと感慨深く思います。

2013041312

藤棚山から西平山へ下ろうかと思ったのですが、今日は地形図を忘れてきた上にかなりの疲れ。ここは一般道が無難でしょうと河又へ下ることに。しかし、それが最良の選択。なんとアカヤシオが咲いているではありませんか!

2013041313

しかも本数が結構あります。花付きはそれほど良い訳ではないし、もう終盤という感じで茶色っぽくなっている花も多かったものの、それでも見られたのは良かったです。

2013041314

下っていくとミツバツツジもなかなかです。ツツジロードと呼びたいほど、結構咲いていました。

2013041316

疲れが飛ぶくらい、うきうきしながら進んでいきました。

2013041317

さわらびの湯に着いたのはもう4時。昼食時の15分休憩と山頂などでわずかな休憩以外は8時間ほとんど歩き続けていました。遅くなったので温泉はパス。3分後にバスがあるというラッキーなタイミングでしたが、すでに長蛇の列。久しぶりに1時間、飯能駅まで立ちっぱなしでした。なんかこんなに混んだバスは随分久しぶりだなぁ、と昔が懐かしくなりました。


|

« 成東散歩 | トップページ | 多摩川台古墳と六郷用水 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

 リブルさん、こんばんは~。
ホント、どうして気づかなかったんでしょう、お互い(笑)。

 そうそう、この日は結構稜線は寒かったんですよね。

 私もこの日は4時過ぎまで歩きました(今日はモモのあたりがかなりひどい筋肉痛です)。
なるほど、蕨山からずっと一般道を名栗湖まで歩き通したのですね。
私はリブルさんのことだから、しっかり松浦本をトレースして日向沢の峰~長尾の丸と
行ったのかと思ったのですが…
 ン?でも、よくみるとリブルさん、松浦さんに負けないぐらいの距離歩いてますね(笑)。

 いいなぁ、アカヤシオ姫に逢えて…。わたしなんか蕾しか見せてもらえませんでしたよ。
次の週末はお山に行けそうもないので、私は今年はお会いできないかも…。
仕方ないですかね、今まで2年以上もご無沙汰して、芝居なんかにうつつを抜かして
いたので、「ふん、もうゴン太なんて知らないわよっ!」と愛想づかしされてしまったの
かもしれません(笑)。

 ところで、秘密にしておきたかったら、適当にぼかして答えてくれれば好いのだけれど、
よかったら教えてください。

・大持山には何時に着いたのですか?
・アカヤシオ姫にあったのは、藤棚山から大ヨケの間でしょうか?
・武川岳は9時前? ホントは走ったとか?(笑)

投稿: ゴン太 | 2013年4月15日 (月) 22時37分

ゴン太さん、こんにちは。

後ろの方から数えた方が近い席に座っていましたよ。
一番後ろは埋まっていたので、自分の方が後に乗り込んだのではないでしょうか。
私も日曜日は少し筋肉が張っていました。

さすがにあのコース、バス利用で普通の人が行くには無理があると思いますよ。
ただでさえ、橋小屋の頭付近までの間、かなりのアップダウンがある上に、
さらにまだまだ登らなくてはいけないのですから。
あまり無理をしても楽しくありませんし。
その上、あのコース、最後の仙岳尾根以外は自分は歩いているので積極的に歩こうという気もなかったです。
暗くなって仙岳尾根はこれまた無理ですね。
マイカーで周回コースで早朝出発ぐらいでないと無理でしょう。

ご質問ですが、後でいつになるか分かりませんが、ホームページにレポを上げますし、
一般登山道だし、貴重なお花でもないので特に秘密にする理由は何もないので答えちゃいますが、

>・大持山には何時に着いたのですか?
10時50分頃です。
>・アカヤシオ姫にあったのは、藤棚山から大ヨケの間でしょうか?
確かそのあたりです。ミツバツツジはもう少し先まであった気がします。
>・武川岳は9時前? ホントは走ったとか?(笑)
武川岳は9時40分頃でした。走るなんて、そんなパワーないですよ。
速くて若い二人組に一度抜かれたけど、天狗岩で休んでいる間に抜き返しました。(笑)

投稿: リブル | 2013年4月16日 (火) 21時32分

おっと追加で、
>・アカヤシオ姫にあったのは、藤棚山から大ヨケの間でしょうか?
山頂や少し下にもそういえばありましたよ。
咲き方は不作の感じがしていましたが、まだ蕾もありました。

投稿: リブル | 2013年4月16日 (火) 21時43分

 リブルさん、おはようございます。
いろいろ教えていただいて、ありがとうございます。

 今回で天狗岩~武川岳ルート、三回目なのですが、入口にある看板「健脚向け 武川岳 90分」の表示をみるたび、90分なんてありえん、と思っていたのですが、リブルさんや松浦さんなど、本物の健脚者レベルだと、本当に90分で登ってしまうのですね。私はいつも2時間半かかってしまいます。

 バスは…そうでしたか、私より後ろに並んでいたとしたら、気づかなかったのも納得できました。前だったら見逃さずにあれこれ尋問(笑)していたと思います。

 昨日の夜、やっと、続きの高ワラビ尾根バリコースのレポ書けました。お時間あれば、珍道中記をみてやってください。

 またどこかでバッタリお会いできるといいですね。今度は絶対見逃しません(笑)よ。

投稿: ゴン太 | 2013年4月17日 (水) 07時04分

リブルさん、

実は日曜は名郷発で小持山だったんで、ゴン太さんと云い驚きました。

蕨山から河又への道。低い所にアカがいるんですよね。
ボクもはじめて花期に歩いた時、全く想定してなかったので狂喜した覚えがあります。
花付きは高い所のに少しだけ期待しています(笑)。

投稿: komado | 2013年4月17日 (水) 19時32分

ゴン太さん、こんにちは。

高ワラビ尾根、最後まで歩かれたのですね。
自分は北に引き込まれてしまいましたので最後は変な所を下ってしまいましたが。
自分はそんなに健脚者じゃなくて普通の人だと思いますよ。(^^;

今度お会いできたら、ぜひよろしくです。

投稿: リブル | 2013年4月18日 (木) 21時02分

komadoさん、こんにちは。

今回は全くの想定外でした。
あんなにあるんですね。

komadoさんも小持山でしたか。
あそこは確かに狙いたくなる所です。

今週末はあまりいいお天気ではなさそう。
山選びに困るこの頃です。

投稿: リブル | 2013年4月18日 (木) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武川岳から蕨山:

« 成東散歩 | トップページ | 多摩川台古墳と六郷用水 »