« 霧の中のミツマタを見に | トップページ | 武川岳から蕨山 »

成東散歩

7日はあの天気ではとても山へ行こうという気にはなりませんでした。
ということで千葉へウォーキングに。
でも、よく考えると途中には橋があり、強風の時は行くと電車が遅れたりストップするのが普通でしたのでちょっと失敗でした。

だいぶのろのろ運転でしたが、なんとか成東駅で下車。もう12時になっていました。

2013040701

駅からいちごのビニールハウスを見ながら歩き、風に吹かれながらまずは成東城跡公園を目指します。

2013040702

少し登ればもう城跡の一角。なかなか広い眺めを楽しめます。

2013040703

しっかり三角点がありました。角が欠けていて何等かはわかりませんでした。

2013040704

二の丸跡。歌碑がありました。

2013040705

しっかり空堀などの遺構が残っていました。

2013040706

道標はありませんでしたが、神社に下ってお参りし、しばらく歩いて波切不動堂へ。

2013040707

不動堂に登ってみると、こちらも町並みを眺めることができました。ちょうど高さが恐怖を感じる高さでなかなかスリルがありました。

2013040708

町役場を見てさらに歩くと伊藤左千夫記念公園があります。「野菊の墓」の作者ですので、政夫と民子像がありました。

2013040709

少し先には野菊路があります。

2013040710

風が強かったので花が倒れ気味ですが、菜の花がよく咲いていました。

2013040711

民俗資料館を見学し、その横には伊藤左千夫の生家がありました。

2013040712

個人的にはその横に「松田聖子」さんの名前のある、野菊の墓映画化記念樹の方が気になりました。

2013040713

観音堂の毘沙門天を見た後、モダンな駅舎の成東駅に戻りました。

« 霧の中のミツマタを見に | トップページ | 武川岳から蕨山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成東散歩:

« 霧の中のミツマタを見に | トップページ | 武川岳から蕨山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ