« シロヤシオを見に川苔山 ついでに棒の折山 | トップページ | たまにはのんびり不老山1 »

気が乗らない日は奥高尾の藪へ

26日は奥高尾へ。

2013052601

本当はバリバリコースを考えていたんですけど、朝目覚ましが鳴って起きた時になんとなく行く気にならず、二度寝。ということで奥高尾に行くことにしました。底沢でバスを降りるつもりだったけど、相模湖駅でバスに乗り遅れて30分待ちだったので歩いちゃいました。美女谷温泉の大きな看板がありますが、閉店しましたとの張り紙。いつかは入ろうと思いつつ、入ったことがなかったのでちょっと残念でした。

2013052602

66号鉄塔まではいい道だったのですが、その先はやっぱり藪。

2013052603

登山道に出ればやっぱり歩きやすいな。これは千木良から来ている道ですね。

2013052604

途中にはウツギがたくさん咲いていました。

2013052605

城山山頂はたくさんの人。自分の定点ポイントも人が座っていて座れませんでした。

2013052606

ワープして陣馬山頂ではヤマツツジがきれいでした。向こうはミズキ。白いお花が対照的でした。

2013052607

縦走路はとにかく人が多いです。子供達が走って下るので砂埃が上がって閉口。とりあえず子供達の通過待ちに撮った写真。向こうは奥多摩方面でしょうか。その先で子供達が止まっていたので見るとそのうちのひとりが転んで鼻血を出していた模様。あのはしゃぎようだとやっぱりなぁ、という感じでした。

2013052608

明王峠から下山して初めてかな?矢の音の山頂へ。

2013052609

南尾根を下りました。やはりこの時期は結構藪っぽい踏み跡でした。

2013052610

最後の小沢を渡る手前あたりはかなりの藪で大丈夫かなと下りて行きましたが、なんとか小橋で渡って登り返せば貝沢の林道でした。相模湖駅まで歩きました。

ということで見たお花。

2013052611

キンさんが山で見られるのは嬉しいですね。

2013052612

フタリシズカもときどき見かけました。
気が乗らない割には6時間以上歩いてしまいました。

« シロヤシオを見に川苔山 ついでに棒の折山 | トップページ | たまにはのんびり不老山1 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気が乗らない日は奥高尾の藪へ:

« シロヤシオを見に川苔山 ついでに棒の折山 | トップページ | たまにはのんびり不老山1 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ