« 尾崎山付近のお花達 | トップページ | バスで黒金山に登って、乾徳山でバームクーヘンでお茶するの巻 »

藪山を下る 大菩薩長峰

アップが遅れまくりで、まだGWの話題ですが、3日は大菩薩長峰へ。

2013050301

甲斐大和駅から増発便に乗ることができたので、小屋平を予定よりもかなり早く歩き出せたのはGOODでした。前日には雪が少し降ったと運転手さんが話をしていました。

2013050302

空気がまだまだ冷たい感じの中を登っていきます。途中からは奥秩父の眺めを楽しめました。

2013050303

富士は頭だけでした。

2013050304

大菩薩湖もこうみると青色がきれいですね。

2013050308

やがて草原状になって小金沢山などが見えてきます。

2013050307

石丸峠を過ぎて少し行った牛の寝通りの分岐あたりからも南アルプスの山々を眺められました。雲が上がってくるのが早かったようです。

2013050308

ごくわずかに雪を見ます。しばらく歩いて長峰の分岐。

2013050309

ちょっと薄い踏み跡を辿っていきます。場所によってはこんな感じの所もありますので、経験者向けです。

2013050310

かなり年代物の水筒が木にぶら下がっていました。

2013050311

途中にはフモトスミレをよく見かけました。

2013050312

ちょっと灌木の間を登って、白草の頭の三角点をようやく見つけました。

2013050313

ミツバツツジがまだ咲いていました。

2013050314

カネツケノ頭付近。プレートがあるだけで通り過ぎてしまいそうな地点でした。

2013050315

大きなブナも見かけました。

2013050316

新緑ゾーンに入っていきます。

2013050318

山の神を過ぎると踏み跡が怪しくなり、分かりにくい分岐を経てようやく939.6mの三角点。

2013050319

北東に下らなくてはいけない所、北に派生する尾根に引き込まれてしまいました。こりゃ登り返しかなと思いつつ下っていくと、思いがけない踏み跡に出ました。山の神から下っている道でしょう。これはラッキー。右に進みました。

2013050320

途中、ちょっぴり道が細く、左が崖っぽい所を通ったりするので注意しながら進み、下っていと、拓道橋に下れて一安心。あの向こうの山から下りて来たんだなと思うと感慨深いです。

2013050321

長い車道歩き後、竹の向バス停へ着くと余裕で2時21分のバスに間に合いましたが、まだ40分待ち。歩き足りない気もしたので、上和田まで歩こうと歩いたら、上和田のバス停はごみ集積所の横。なんとなくここで待つ気になれず、もう少し歩いて松姫鉱泉まで行くと団体さんがバス待ち中。結局、その先の小寺まで歩いてしまい、ここでのんびりバスを待ちました。

« 尾崎山付近のお花達 | トップページ | バスで黒金山に登って、乾徳山でバームクーヘンでお茶するの巻 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

 リブルさん、こんばんは~。 

 長峰は、ずっと歩きたいと思っていながら、ずっと実行に移せないでいる尾根なので、レポが楽しみでした。
 今は甲斐大和からのバスがあるので、割安にしかも最適なバス停で降りることも出来るのですね。

 私は下りのRFにまだイマイチ自信がないので、登りにとってみようかなんてアホなこと考えていたりしたのですが、これから気温も上昇してきますし、やっぱり下りで挑戦してみようかな、とリブルさんのレポ読みながら考え直したりしています。

 地形図で見ると、最後の三角点からは、北東の尾根より北の尾根の方が実際下りやすいように見えますが、北尾根を降りてしまっても巻き道で北東支尾根に復帰できるわけですね。 

 私の足では、2時のバスに間に合いそうもない気がするのですが、リブルさん、今回お昼ごはんはどのあたりでしたか? 939.6の三角点とかランチ場としてどうなんでしょう??? もしよかったら教えてくださいませ。

ゴン太さん、こんにちは。

長い尾根ですが、よく歩かれているゴン太さんなら、全然問題ないと思います。
確かに登りに取ろうかと思ったこともありましたが、歩いてみるとそれなりに長いです。
特に後半の最後に斜度が結構きつい所が続くので、辛いと思います。

北へ下りるつもりはなかったのですが、ピンクのテープがあったので引き込まれました。
作業用なのでしょうね。左にはダムの堰堤まで見えてちょっとやばい感じでした。
本文に書いたように少し細い所があるので、あくまで不意の時にどうぞという感じです。
もし、時間的に余裕があれば、松姫鉱泉にでも入浴して行こうかと考えていました。
バス待ちが長ければ、そんなプランもいいのでは。

ちなみにお昼はお腹が空いてしまって、まだ11時30分にもなっていない時間にかなり早めに食べたのですが、
白草の頭の三角点の横でした。
939.6mも休むにはいい場所ですが、眺めはありませんよ。こちらは12時40分頃でした。

うちのBBSの方でリブルさんが長峰を下った報告を聞いて、
行き先に迷っていた6日はこれだ!と思ってボクも久しぶりに歩いてきました。

ボクはせっかく早い電車で大和に出たのに、人が少なくてほぼ定時のバスだったことを考えてもリブルさん、速いですね。
いろいろ寄り道したとはいえ、16時台のバスすら逃しそうでしたよ。

GWは新緑が素晴らしかったですね。

komadoさん、こんにちは。

連休最終日に長峰ですか。さすがkomadoさんですね。
自分は最終日はしっかり休養でした。

この時は気温が低くて結構歩くのに最高でしたね。
まあ、一人で気楽だし、ふらふらとまっすぐに歩いていました。

本当に今年の新緑は素晴らしかったですね。
毎年こんなにきれいだったかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藪山を下る 大菩薩長峰:

« 尾崎山付近のお花達 | トップページ | バスで黒金山に登って、乾徳山でバームクーヘンでお茶するの巻 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ