« 新倉山付近のお花達 | トップページ | 飯田橋から神田川沿いを歩く »

智光山公園の花菖蒲

15日(土)は雨予報だったので公園散歩へ。

2013061501

狭山市駅から智光山公園行のバスが出ていますが、本数がちょっと少ないです。(1時間に1~2本程度)
駅に到着したらちょうど行ったばかりだったので、路線図を見ると手前までの日生団地からバス停4つくらい。日生団地行は結構本数があるので、歩けるのではとそれに乗って終点下車。10分ほど歩けば到着しました。見覚えがあるなと思ったら、そういえば、以前に狭山市駅から公園へ歩いて行ったことがありました。

2013061508

人もそれなりにいましたが、結構咲いてます。

2013061502

色は何種類かありますが、やはり白いのが清楚でいいですね。

2013061503

これだけ咲いていれば充分です。

2013061504

紫も悪くないですね。

2013061505

しばらく歩いて常楽寺というお寺を見ようと思ったのですが、途中、ちょっと道が分からずうろうろしていたら、地元のおばあさんが教えてくれました。おかげで常楽寺にたどり着けましたが、お寺の前にトラックが止められていて、人がいたのでちらりと石仏を見ただけで通り過ぎました。さらに進めば城山城跡。空堀などの遺構が残る静かな砦の跡でした。

2013061506

坂を下った所には案内板。それによると上杉憲政が陣をしいたとのこと。その後北条氏の手に移ったと考えられるとありました。

2013061507

入間川大橋を渡り、広福寺などを見たのち、国道16号に出ると越生道々標があります。これも案内板によると寛政二年(1790年)に立てられたものだそうで、220年以上経っているようです。車が駆け抜ける道の横にあって、どのような歴史を見てきたのでしょうか。

新狭山駅まで歩きました。

« 新倉山付近のお花達 | トップページ | 飯田橋から神田川沿いを歩く »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 智光山公園の花菖蒲:

« 新倉山付近のお花達 | トップページ | 飯田橋から神田川沿いを歩く »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ