« 気が乗らない日は奥高尾の藪へ | トップページ | たまにはのんびり不老山2 »

たまにはのんびり不老山1

1日(土)は丹沢へ。

2013060101

初めて駿河小山駅から明神峠行のバスに乗ります。予想外のたくさんの人。のんびりしていたので列の後ろになってしまい、増発便を出してくれるというので2台目を待ちました。でも、なかなか来なくて30分待ち。まあ、今日のコースなら大丈夫でしょう。バス停ではなく、ゲートの所で下してくれました。

2013060102

マムシグサが咲いていました。

2013060103

しばらく歩いていくと、久しぶりの岩田潤泉さんの道標が出てきます。

2013060104

この道にはブナが本当に多いですね。しかも大きい木が結構あります。

2013060105

ヤマツツジもそれなりに咲いていました。

2013060106

やっぱりブナ。

2013060107

フタリシズカもありました。

2013060108

そして歩いていけば、初めてのサンショウバラ!
やはりいいですね!

2013060109

数本かと思ったら歩いていくと、たくさん咲いています。こんなにあるんだという感じでした。

2013060111

サンショウバラの丘に出ると、きれいな富士。やはり近いですね。

その2に続く。

« 気が乗らない日は奥高尾の藪へ | トップページ | たまにはのんびり不老山2 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

サンショウバラ!この時期でしたか!
いいな~リブルさん、見れて。いつかリベンジに行かなくちゃです。
しかし、バスが増発とは・・・驚きました(ΦωΦ*)

コメントの通り、後追いで、不老山に足を運んで見ました。
中島貯水池からの周回を企画、終盤に近いサンショウバラに逢えることができました。
タイムリーな情報、ありがとうございます。
去年12月のとき林道が崩壊していたので、如何と思っていたのですが
見事に修復され、間伐作業が行われているようでした。
湯船山はいい山ですね。新緑と山ツツジの朱と光が揃い、見事でしたね。
多くの人とすれ違い、ちょっと頭は?、明神峠からの人と納得しました。
帰りに他の林道を周回に選択したのですが、崩壊は手付かずの状態、山越えの迂回路でした。

cyu2さん、こんにちは。

ようやく念願のサンショウバラに会えました。
やはり大きいお花ですね。
最近は5月下旬が見ごろのようですが、これでもわずかに遅かったようです。
なかなか花期が短いので最盛期は狙わないとだめですね。

初めて乗りましたが、こんなに混んだのは初めてと観光協会の方が話をされていました。
駿河小山駅は無人駅で、あれだけ人が下りるのも普段はあまりないことでしょうね。

機会があれば、ぜひどうぞ。

zioさん、こんにちは。

不老山、行かれましたか。
まだ咲いているのですね。間に合ってよかったですね。
これも観光協会の方のお話ですが、お花はいっぺんに咲くのではなく、順繰りに咲くらしいので、
比較的見られるということでした。
場所によってはまだの木もあるみたいでした。

ちなみに、明神峠へのバスは土日祝日のみ一日一本だけなので、平日はありません。
駐車場所もあまりないのでそんなに多くの人が入るとは思えません。
平日だとどこから登るのかな。

まだまだあのあたり通行止がたくさんありますね。
それだけ豪雨はものすごかったのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはのんびり不老山1:

« 気が乗らない日は奥高尾の藪へ | トップページ | たまにはのんびり不老山2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ