« 智光山公園の花菖蒲 | トップページ | 倉岳山南面で遊ぶ »

飯田橋から神田川沿いを歩く

22日は再びウォーキング。

飯田橋駅を歩きだし、本当は小石川後楽園に寄るつもりでしたが、すでに2時頃だったのでやむなく割愛。

2013062201

水道橋駅近くの三崎神社に寄ります。茅の輪があり、6月30日の神事に向けた準備がされていました。

2013062202

ちと暑かったですが、神田川を見ながら歩き、神田上水掛樋跡の石碑があります。

2013062203

湯島聖堂に入ります。

2013062204

大きな孔子の銅像があります。

2013062205

これだけ見ると日本とは思えない雰囲気。

2013062206

大成殿。湯島聖堂は寛永9年に創建されたそうですが、大正時代の関東大震災の時に焼失。昭和10年に再建したものだそうです。入徳門と水屋は災を免れたそうなので、ほぼ当時のままのようです。

2013062207

裏手に進んで神田神社。結構大きな神社ですね。こちらも茅の輪がありました。

2013062208

さらにしばらく歩いて柳森神社の力石。力試しに用いられたものだそうです。

2013062209

柳橋までくれば隅田川と合流して終わります。随分前だけど、井の頭公園から神田川沿いを一日でここまで歩いてきたことがあります。歩くと本当に長く、はるばる来た感があったのが懐かしい思い出です。

2013062210

隅田川沿いをしばらく歩きます。前日の雨のせいか、それともこれが普通なのかかなりの水量があったようでした。

2013062211

ついでなので旧安田庭園へ入って一休み。なかなかいい庭園でした。

2013062212

両国駅から帰りました。

« 智光山公園の花菖蒲 | トップページ | 倉岳山南面で遊ぶ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田橋から神田川沿いを歩く:

« 智光山公園の花菖蒲 | トップページ | 倉岳山南面で遊ぶ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ