« たまにはのんびり不老山1 | トップページ | アヤメを見に新倉山 »

たまにはのんびり不老山2

その1からの続きです。

2013060110

やっぱりサンショウバラはいいなぁ。

2013060112

岩田さんの道標もものによってはだいぶ風化しつつありますね。

2013060113

世附峠付近の道標。

2013060115

ちょっぴりきつくなって、のんびりとはいかず、いつものペースで登っていくと、西峰。
山頂からの富士はこの時期にしては素晴らしいものでした。

2013060116

実際の不老山を往復してから西峰に戻り、駿河小山を目指します。岩田さんの道標がお勧めする県境尾根も下りたいところですが、この次にとっておいて、ここから金時公園に下ります。

2013060117

一般コースですので特に問題もなく、歩いている人もそれなりにいました。

2013060118

林道に出て、随分歩かされます。貯水池への道を分岐し、さらに林道を下っていくと、あれ、また岩田さんの道標。平成22年完成の新コースの表示。道標完備、83歳老人の足で駅まで45分とあり、距離、時間ともにそのまま林道を行ってもかわらないとあります。それなら歩いてみようかと新コースに入ります。

2013060119

そんなに歩く人は多くなさそうで、少し藪っぽい感じの所もあります。ただし、この道はたくさんの道標があり、岩田さんワールドに浸ることができます。

2013060120

途中にはクイズもあります。この道は果たしてどれでしょう。ちなみに答えは木の板で隠されていて、回すと下に書かれた答えが見えます。実用新案申請中とか書かれていて、思わず、それはウソでしょ、と突っ込みたくなります。

2013060121

城山という四等三角点のある小さな藪山の山頂を通りました。

2013060122

急坂手前には大きな富士の道標。

2013060123

ちょっと急坂は歩きにくい感じでした。神社の敷地に降り立ち、駅へ向かいます。橋を渡った看板の下にも道標。これにはびっくりでした。

このあと、まだ時間も早かったので、ふじみセンターのゆったり湯に入ろうと思ったら、営業終了の張り紙が。もう数年前に終了していたようです。ちょっと残念でした。

駿河小山駅まで歩きました。

|

« たまにはのんびり不老山1 | トップページ | アヤメを見に新倉山 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

この岩田さんの道標を追いかけるのも楽しそうですね。もうサンショウバラは終わりのようですが、また歩いてみたくなりました。

投稿: のぞむ | 2013年6月 6日 (木) 21時39分

のぞむさん、こんにちは。

このあたりは本当に岩田さんの道標が多いですね。
サンショウバラの時期でなくても十分にこれだけで楽しめそうです。
冬の富士も狙い目かも。

投稿: リブル | 2013年6月 6日 (木) 21時43分

 リブルさん、こんばんは~。

 ゆったり湯、営業終了ですか。 ちょっとびっくり。
と言っても、私も2006年ですから7年以上前に行ったきり
訪れていませんでした。

 たしか、持ち込み何でもOKで、ゆったり湯の名の通りのおおらかな雰囲気で、
結構繁盛していたような印象だったのですが、やはり、不老山のハイカーぐらい
しか登山客は期待できないし、その登山客もなかなか駿河に降りないというの
も原因かも知れませんね。
 
 温泉て、汗をかく暑い季節だけでなく、寒い時期も電車待ちやバス待ちで
震え上がらないなど、とても助かる存在なので、なくなってしまうのは残念ですね。

 

投稿: ゴン太 | 2013年6月 6日 (木) 23時38分

ゴン太さん、こんにちは。

センター自体は存続していて、お風呂だけをやめたようです。

ネットで調べると、どうやら鉱泉のお湯から普通のお湯に変わって、
それで客足が減ったというのが原因みたいです。
源泉が枯渇してしまったのかもしれません。

ゴン太さんの言う通り、不老山からこちらに下る人は多くないでしょうし、
隣の山北駅にも入浴施設が今はありますから、
どちらかというと地元の人の影響の方が大きいのかもしれませんね。

投稿: リブル | 2013年6月 7日 (金) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまにはのんびり不老山2:

« たまにはのんびり不老山1 | トップページ | アヤメを見に新倉山 »