« ふらふらと大菩薩 | トップページ | 静かな北八ヶ岳コース »

夏の藪尾根は高尾

やっぱり一週遅れ。先週は高尾へ。

2013072101

本当は別な山に行くつもりだったけど、日頃の疲れが出て、のんびり寝ていたので家を出たのはもう10時。そんな時間から行けるのは高尾ぐらいです。ということで高尾からバスで小仏へ。浅川神社から登りました。

2013072102

わずかに藪っぽいけど、踏み跡はありました。

2013072103

621m付近で尾根に出ます。以前に歩いていますが、前よりも踏み跡が濃くなっていて、歩く人も増えたのでしょうね。

2013072110

オカトラノオ&カミキリムシ。シャッター音に気づかれて飛んで行ってしまいました。

2013072104

城山近くの林道に出るとオオバギボウシがよく咲いていました。

2013072105

やはりヤマユリが夏という感じですね。

2013072106

いつもの城山山頂の定点ポイント。この日は登りは暑かったけれど、山頂に座っていると思ったよりも風が涼しく、快適でした。

2013072107

キキョウが咲いていましたが、植栽なのかな。

2013072108

高尾山に向かうとホントにヤマユリとオオバギボウシが多いです。ロープを張った登山道の横は少しずつ植生が回復してきていますね。やはりかなり効果があるようです。

2013072109

3号路を歩いてみました。高尾山には随分行っているけど、実は今まで歩いたことがなかったので新鮮な感じです。これはヤマジノホトトギスかな。

金毘羅神社から左へ下って高尾駅まで歩きました。

« ふらふらと大菩薩 | トップページ | 静かな北八ヶ岳コース »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の藪尾根は高尾:

« ふらふらと大菩薩 | トップページ | 静かな北八ヶ岳コース »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ