« ザック持って善光寺参り&諏訪大社参り | トップページ | 喜連川早乙女温泉 »

富士山麓逍遥

31日は久しぶりに富士へ。

2013083101

富士宮駅から五合目行きのバスに乗り、西臼塚駐車場で下車しました。もちろん、こんな所で下車するのは自分一人。

2013083102

少し下るとトイレがあるので立ち寄ります。裏手に道標があるけど、藪になっていました。

2013083103

再びバス停に戻り、その先にある道標から入ります。しかし、この先へ少し進むと危険個所があるため通行止の表示があります。どうも去年あたりの豪雨による影響で登山道に洗堀が発生しているからのようです。平坦な登山道だと思うので、そんなに危険はないだろうと自己責任で通行してみましたが、やはりかなり登山道が掘れてしまっていました。ということで右回りは通行せず、左回りをとった方がいいみたいです。

2013083104

西臼塚は静かな山頂。祠がありました。

2013083105

山頂は火口跡なのでぐるっと一周できます。ブナやヒメシャラ(左の樹皮がつるつるの木)などがあり、まずまずの雰囲気でした。

2013083106

分岐からアスレチックと書かれた方に進みます。ときどき質問が書かれた看板があったりします。そんなに人が来る場所には思えませんが、たくさんのベンチがあったりします。深い樹林の雰囲気の中を進むと、グリーンキャンプ場からの道に出ますが、やはりこちらも通行注意の張り紙とロープが張られていました。

2013083107

高萩駐車場への道を進みますが、こちらもかなり影響があるようで道に枝などが散乱していて、道なのかどうかがとても分かりにくいです。ちょっと踏み跡っぽいところを進んでしまい、戻って磁石で確認して先へ進んだりしました。

2013083108

いったん、林道に出ます。この先は比較的分かりやすい登山道になりました。

2013083109

このあたりは海からの湿った空気が入りやすいそうです。苔の生えた樹林はやはりちょっと雰囲気が違いました。

2013083110

テンニンソウが良く咲いていました。ウラギンスジヒョウモンらしき蝶も見かけました。(写真だとあまりにも小さくて分かりませんね。)

2013083111

高萩駐車場に出ました。二合目の表示があります。

2013083112

シロガネソウでしょうか。

2013083113

アサギマダラは本当に多い。たくさん見かけました。

2013083114

表示はありませんが、途中で村山古道をまたぎます。

2013083115

苔の生えた道を歩きます。途中岩っぽい所を通る所があり、この付近はだいぶ道が分かりにくいです。ちなみにこの正面が道なのですよ。

2013083116

山深い感じのする樹林の中を進んでいきます。

2013083117

風が強くなってきました。分岐に出て、ガラン沢コースに入ります。こちらも豪雨の影響を受けているようです。ロープが張られていて、それに従って下りますが、踏み跡がまだ固まっておらず、倒木などもあって分かりにくい下りです。下り始めると雨が降り始めてしまいました。

2013083118

途中で涸れ沢から離れて右に進むのですが、これもとても分かりにくいです。なんとかテープを見つけて進みますが、これが本当に道かどうか半信半疑で進みました。道標が出てくるとようやく分かりやすくなりました。気が付くとすっかり霧に囲まれていました。

2013083119

旧料金所にそばに出ました。しっかり雨と濃霧。スカイポート富士のバス停に下り、バスの時刻表を見ると30分弱の待ち。雨宿りするところもなく、傘をさして待つしかないかと諦めて待っていると、わずか2分くらいで観光バスがきました。と思ったら、ウィンカーを出して止まってくれるではありませんか。臨時バスだったようで、この天気でほとんどバス待ち無しで乗れたのにはうれしい誤算でした。下ると下界は晴れ。ものすごい暑さでギャップがありました。

せっかくなので、富士宮駅中のお店で「富士宮やきそば」(並:\450)を食べました。冷房などはないお店でしたので汗をかきながら食べましたが、なかなか美味しいやきそばでした。並だとそれほど量がないのでおやつにちょうどいい量でした。

« ザック持って善光寺参り&諏訪大社参り | トップページ | 喜連川早乙女温泉 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山麓逍遥:

« ザック持って善光寺参り&諏訪大社参り | トップページ | 喜連川早乙女温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ