« 富士山麓逍遥 | トップページ | 草津温泉へ »

喜連川早乙女温泉

7日は久しぶりに栃木の早乙女温泉へ。

以前にも入ったことがありますが、今回は初めて氏家駅から無料の送迎バスに乗りました。
(9時55分の一本のみ。ワゴン車による運行のため、小人数まで。)

2013090701

前と比べると横の木がずいぶん伸びたような。→以前のレポ

入浴料は1000円と変わりません。
今回は予想外に涼しい日で白濁のお湯もぬるめになっていました。その代りのんびりと入ることができました。

以前の浴場に入った時の強烈な匂いがわずかに少な目になったような気がします。
泉質も少しやさしい感じです。でもこのぐらいの方が好まれるでしょうね。
一時間ほど入浴しましたが、それでもすっかり硫黄の香りが体につきました。

本当はこの後に久しぶりにもっと奥の喜連川温泉に入る予定でしたが、バスの時間をうろ覚えだったために、バス停に行ったらなんと2時間近く待ち。さすがに何もない場所でそんなには待てず、反対側の氏家駅行のバスは30分強の待ち時間だったので、今回は諦めて駅へ出て早い帰宅となりました。

うーん、こんなことになるなら、もっと入っておけばよかったなぁ、とちょっと後悔した一日でした。

« 富士山麓逍遥 | トップページ | 草津温泉へ »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜連川早乙女温泉:

« 富士山麓逍遥 | トップページ | 草津温泉へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ