« 上諏訪温泉 片倉館2013 | トップページ | 錦秋のタワ尾根 »

秋のセミロングコース 権現山

27日(日)は久しぶりに権現山へ。

2013102701

猿橋からバスに乗り、終点の浅川へ。ここへ来たのは初めて。紅葉はだめですが大きな木が目を惹きました。

2013102702

麻生山に向かい、沖ノ沢左俣左岸尾根を登ります。取り付き以外は藪はなく、ちょっときついものの、なかなかいい尾根でした。

2013102703

縦走路に出て左へ少し登れば麻生山。静かな樹林の中にポツンと三角点があるだけです。

2013102704

権現山に向かうと、やはり少し紅葉が始まっていました。

2013102705

リンドウもときどき見かけます。

2013102706

山頂手前のオレンジ色のカエデがいい色でした。

2013102707

権現山の山頂からは、富士がとてもよく見えました。

2013102708

分岐に戻って浅川峠に向かいます。ここも初めての道。

2013102709

最初は急ですが、やがて緩やかな下りになってどんどん下っていきます。樹林の中のせいか、思ったよりも長い歩きで浅川峠。

2013102710

浅川峠から先は登山地図で実線コースになっていますが、あまり人の入らない道なので、少し踏み跡が分かりにくい所もあります。浅川峠から扇山に向かうと登りなので比較的迷うことはないと思いますが、逆コースは途中で尾根を外す必要があり、そこが分かりにくいと思います。ちなみに写真は正面右がコースです。

2013102712

かなりきつい登りでようやく扇山。こちらからも富士がしっかり見えています。

2013102713

百蔵山まで行くにはまだ頑張らなくてはいけません。途中では山ガールも含めて何組かの人達に会いました。こちらも尾根道はわずかに色づいていました。

2013102714

そして再びきつい登りを頑張り、百蔵山からもやっぱり富士!

百蔵浄水場から猿橋駅まで歩きました。
さすがに次の日は筋肉痛でした...。(^^;

« 上諏訪温泉 片倉館2013 | トップページ | 錦秋のタワ尾根 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

うわ、このルートで北都留三山縦走ですか!
これも候補の一つでしたが、バスの出発時刻が遅いので消えていました。さすがリブルさんは早いな~

のぞむさん、こんにちは。

のぞむさんのルートをちょっとパクリました。m(__)m
とは言っても、権現山まで行ってしまう気力も体力もないので、逆コースにしました。
バスが遅いのが難点ですが、権現山の方が高いので、比較的行けると思います。
ただし、扇山と百蔵山の登り返しはご存じのとおり、結構きついです。

確かに浅川峠と扇山の間は逆コースだと分かりにくいでしょうね。
途中の尾根を外すところで振り返ったら、これは知らないと難しいなという感じでした。

改めてこのレポを見直しました。

「逆コースは途中で尾根を外す必要があり」の所が気になります。今回は強力なパートナーのお蔭でうまくいきましたが、一人ではどうなっていたか。

でもまあ、一度三山縦走をやり遂げたので、もう三つ回る必要は無いでしょう。浅川から浅生山経由で権現山もいつか試してみようと思います。

のぞむさん、こんにちは。

随分前のログにコメントがあったのでびっくりしましたが、
今週歩かれたのですね。

協力な助っ人がいてよかったですね。
確かにあそこは一般登山道にしては分かりにくいところだと思います。
登山地図にも注意書きが必要ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のセミロングコース 権現山:

« 上諏訪温泉 片倉館2013 | トップページ | 錦秋のタワ尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ