« 小名木川散歩 | トップページ | 山越えの御座山 »

小沢峰から薬師堂

6日(日)は天気が今一つだったので、山へ行く気にならず、多摩へ。

2013100601

京王相模原線のよみうりランド前駅が歩きだし。線路に沿ってしばらく歩き、途中で曲がって少し登ると穴沢天神社があります。

2013100602

戻って階段の道を少し登ったら道路に出ます。前にはなかった気がするけど。
途中で左に小さな道を入ると、小沢峰に続いていました。ここは小沢城があった場所。
今は静かな樹林の広場になっています。

2013100603

江戸時代に富士講の富士としても利用されたとのこと。その時の石碑が残されています。

2013100604

空堀跡などを見て、先へ進むと物見台。さすがにこの時期は何も見えません。
平成13年頃に立てられた小沢城址山の会のかたりべの方の看板がこのあたりには設置され、なかなか面白く読んでしまいます。

2013100605

古井戸跡。昔はもっと深かったそうですが、危ないということで随分前に埋められてしまったそうです。

2013100606

浅間山には祠がひっそりと置かれていました。だんだんと天気が良くなり、蒸し暑くなりました。

2013100607

尾根を辿っていくと、小さなテラスがあります。ここには聴音機が設置され、敵機の音を聞いて計算機で高度や速度などを計算する防空隊につながっていたそうです。かたりべの人はその当時の兵隊さんのお話を聞きたくてこちらに来るのを待っていたそうですが、10年間待ってようやくお会いすることができ、お話を聞くことができたそうです。

2013100608

道路に出て、しばらく住宅地の中を歩き、宝泉寺の薬師堂へ。病気平癒を祈る方が多いそうです。また、獅子舞の行事も行われるということでした。

普通は稲田堤駅にでるようですが、歩き足りなかったので、再び小沢峰に戻り、さらに読売ランド前駅へ向かいます。以前にも歩いた道なので、ちょっと記憶が ありました。よみうりランドではサッカーの試合か何かやっていたようで、アナウンサーの声が聞こえ、たくさんの人達の歓声で盛り上がっていました。

2013100609

再び森の中へ入ります。多摩自然歩道は緑豊かな道です。
小田急線読売ランド前駅まで歩きました。

« 小名木川散歩 | トップページ | 山越えの御座山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

同じ日私は野川公園でしたが、リブルさんはこういう天気がイマイチの時のオプションがたくさんありますね。

のぞむさん、こんにちは。

天気や体調が今一つの時はやはりウォーキングがいいですね。
少しでも歩くと、やはり気分も落ち着きますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢峰から薬師堂:

« 小名木川散歩 | トップページ | 山越えの御座山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ