« 駒高から日和田山 | トップページ | 気持ちいい青空の日は三つ峠山 »

まったり百蔵山

このところ忙しくてなかなかアップできていませんが、23日(祝)は百蔵山へ。

2013092301

猿橋駅を歩きだします。右手のバスは百蔵登山口を経由する、宮谷行きのバス。
土日は2本しかないという貴重なバスで、ちょうど9時頃でしたので乗ることができましたが、この日は百蔵山しか歩くつもりがなかったし、山頂に着くのが早すぎるので乗りませんでした。

2013092302

しばらく歩いて百蔵山に向かう道から離れて金毘羅神社に向かう道に入ります。ちょっぴり迷ったけど、ようやく見つけ出して少し進むと62号鉄塔がありました。

2013092303

V字型に掘れた道は昔からの参道だったのでしょうか。尾根に出ると細いながらも踏み跡が続いています。ただ、この時期はやはり蜘蛛の巣が多いのが嫌なところ。

2013092304

だいぶ藪っぽい所を通って、金毘羅神社。ひっそりとした場所でした。

2013092305

眺めは悪くありませんが、この日は天気が悪かったので残念でした。

2013092306

踏み跡がなく、裏手の藪に踏み込みました。でも、少し先に行ったら、左から踏み跡が上がってきていました。それでもあまり歩く人はおらず、踏み跡の域は出ていないようです。

2013092307

登りついた所が大同山。葛野からの道が登ってきていました。

2013092308

百蔵山頂に向かうとママコナが咲いていました。

2013092309

久しぶりの百蔵山頂。もちろん富士などは見えませんでした。この日は休んでいると汗が冷え、寒いぐらいでした。

2013092310

下山はまずはコタラ山方面に向かいます。

2013092311

宮谷分岐から下ります。

2013092312

この時期はちょっぴり藪っぽい入口ですが、すぐに良い道になりました。

2013092313

途中にはかなり背の高い木。何の木か分かりませんが、しばらく見上げてしまいました。

2013092314

沢を渡ると林道に出て、後は長い林道歩き。たくさんの犬が吠える家を過ぎ、右手に宮谷遺跡と書かれたボードがあったのでそれに従って登ると、宮谷白山遺跡でした。

2013092315

再び林道に戻り、普通は猿橋駅に戻りますが、ちょっと歩き足りなかったので、高速道路の横を通って鳥沢駅へ向かいました。しかし、やはり高速の横は車の通行音でうるさく、あまりいい道ではありませんでした。

 

« 駒高から日和田山 | トップページ | 気持ちいい青空の日は三つ峠山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

百蔵には十回以上いっていますが、このルートはさっぱりわかりません。さすがヤブラーですね。

のぞむさん、こんにちは。

やはり普通でないルートを取ると小さい割に楽しめました。
天気が良かったら、もっと楽しいのでしょうけど、この日はとても涼しさを満喫した一日でした。
連休最後で天気も悪いとあって、人も少な目で比較的静かな感じでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まったり百蔵山:

« 駒高から日和田山 | トップページ | 気持ちいい青空の日は三つ峠山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ