« 大横川散歩 | トップページ | ごそごそと石砂山、石老山 »

そろそろ紅葉も終盤のお坊山へ

9日(土)は大菩薩へ。

甲斐大和駅で下車するとすごい人。みなさん上日川峠行のバスに乗る人達でした。
しかもタクシーの客待ちが5~6台はいたことにこれまたびっくり。
昔は一台もいなかったんだけどなぁ。
そんな混雑を遠目に見ながら静かに歩き出します。

2013110901

川久保橋から日川沿いに歩いて小路沢ノ頭北尾根の支尾根に取り付きました。
踏み跡は途中怪しいものの、尾根が細くなると分かりやすくなりました。

2013110903

北尾根に出るときれいな樹林。

2013110904

なかなかのオレンジ色。このあたりまでは晴れていたのになぁ。

2013110905

左手には形の良い山が見えますが、笹子雁ヶ腹摺山かな。

2013110906

1044mを過ぎると左に曲がり、ワイヤーなどを見て歩きます。暗い感じの森でしたが、その先にまずまずの色合いの紅葉が見られました。

2013110907

1066mと思われる所を過ぎるとかなりの急登でした。

2013110908

上部は岩っぽい尾根の所があり、トラロープも付いていました。やはり冬枯れの雰囲気。

2013110909

小路沢ノ頭にたどり着きましたが、小さなピークでした。

2013110910

送電鉄塔を見てちょっぴりきつい登りを頑張ると笹子雁ヶ腹摺山。数人が休んでいました。

2013110911

大きく下ります。かなりの下りでこんな道だったかな。
前に歩いたのは7年前なのですっかり忘れていました。
あまり派手ではありませんが、米沢山の控え目の紅葉が良かったです。

2013110912

だいぶ道は落ち葉が溜まり、ちょっと分かりにくくなっています。トクモリを過ぎて頑張るとお坊山に着きました。

2013110913

今回は初めて南東尾根を下ります。東峰に行くと2グループくらい休んでいてびっくり。

2013110914

山頂付近ではツツジが赤くなっていました。

2013110915

じぐざぐの踏み跡を辿って下っていきます。ただし、途中、ちょっと分かりにくい所があったり、踏み跡から離れて尾根を下らなくてはいけない所もありました。速い人達に抜かれました。

2013110916

わずかに登ると棚洞山でした。

2013110917

その付近も紅葉が良かったです。晴れていればなぁ。

2013110918

入道山に着きます。さきほど抜いていった女性二人が休んでいました。

2013110919

右手は鶴ヶ鳥屋山でしょうか、上の方はガスっていました。

2013110920

その先は結構急な下りがあります。いったん緩んで鉄塔を過ぎると、またじぐざぐの下り。高速道路の脇まで下るとお坊山登山口の看板がありました。

2013110921

後はのんびり歩いて笹一酒造の新酒祭りへ。去年は来られなかったので今年は飲むぞ~と気合。もちろん試飲(\500)をお願いします。

2013110922

なんと!抽選で純米生原酒の一升瓶が当たってしまいました!!!(^^)v
家で飲んでみるとさすが生原酒、かなり濃厚な味でした。

この日はMr.DAIという大道芸人のパフォーマンスなんかもあって、下らないけど面白かったです。

千鳥足で歩いている女性の横を通り過ぎて笹子駅へ。
帰りの電車は爆睡でした。

« 大横川散歩 | トップページ | ごそごそと石砂山、石老山 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

なるほど笹一でイベントがあったのですね。
お坊山の紅葉なかなかステキです。う~ん、また来年以降行きたい山が増えてしまいました。

のぞむさん、こんにちは。
年に一回のイベントです。前は2週にわたっていましたが、最近は最初の土日のみで、
次の週は骨董市になっています。

お坊山に紅葉狩りに行くなら、もう一週前に行くべきでしょう。
このイベントの時には稜線はご覧のとおり冬枯れで、いつも下部のみです。

リブルさん、こんばんは~。
いや、残念でしたね。笹一で会えなくて…。

上ののぞむさんへのレスで、今知りました。来週は骨董市なのですね。
知らなかったです。
あんまり美味しいお酒だったので、実は来週も連チャンで
行って、今度は一升瓶を買おうかと思っていたんですよ(笑)。

それにしても、一等当選なんて羨ましい。 おいしそうだなぁ。。。
私は末等で、あまり好きでない焼酎のミニボトルでした。
リブルさん、普段の行いが好いからですね。

そうそう、この日は曇っちゃって、陽差しがなかったので紅葉もいまひとつ
ぱっとしませんでしたね。天気図見たらすっぽり高気圧におおわれる感じ
だったので、晴れを期待していたのですが…。翌日の雨予報も降らずに
午後から晴れ間も見えたりして、ちょっと複雑な気分でした。

すごーーーい!!
一升瓶…買ったモノだと思ったら、当たったんだぁ~~~!
そりゃあ、Vサインも出ちゃうよねぇ~(v^ー゜)ヤッタネ!!
良かったね~~♪

紅葉前線。意外と早く進んでるような感じですね。

ゴン太さん、こんにちは。

ホントお会いできなくて残念でした。
今週末は書いた通り骨董市ですが、いつでもお酒は買えるので連チャンもいいのでは。
ちなみに当たったのは、はがきを渡した代わりにもらえる抽選券の方でした。
大道芸と同じ舞台の方で番号を呼んでいたのですが、「最後の一本」と言っていたので、
どうせ外れだろうと思ったら、なんと自分の番号でした。
2000円以上でもらえるくじの方は前にいた人がなんと一等を当ててしまい、自分は白球で焼酎でしたよ。(^^;;;

自分はどうせ曇りだろうと思っていたので、晴れている方がびっくりでした。
日曜日は外れ過ぎですよね~。

れれちゃん、こんにちは。

びっくりでしたよ。まさか当たるなんて。
当たって自分が座っていた席に戻ろうとしたら、
知らない人に「おめでとうございます。」と祝福されてしまいましたので、ちょっと気恥ずかしかったです。(*^_^*)

最近はだいぶ遅くなっているから、これが以前の例年くらいでも早いように感じますね。
昨日の空気はかなり冷たかったから、落葉もさらに進みそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ紅葉も終盤のお坊山へ:

« 大横川散歩 | トップページ | ごそごそと石砂山、石老山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ