« 錦秋のタワ尾根 | トップページ | 大横川散歩 »

NEW!多色刷り新地形図

地形図といえば、マイナーな尾根歩きにはかかせない地図。
久しぶりに地形図を買いに行ったら、多色刷りの新地形図が11月1日から発売されていましたので、サンプルで「奥多摩湖」を買ってみました。
まだ発売されたのは山岳系10面ほどのみで、数年掛けて新しいものに変わっていくようです。
ちなみに東京付近は「奥多摩湖」「丹波」がすでに発売されています。

国土地理院の新地形図の報道発表資料はこちら(サンプルの新旧比較もあります)

今回は広がったとかではなく、色が多色刷りになりました。
山地は緑っぽく表現され、陰影が付いて確かに少し尾根や谷などが若干分かりやすくなった感じがあります。
まあ、すでに登山地図では高度による塗り分けなどがされていたりしたので、そんなに目立って見やすいというほどではないようです。

自分的には国道や家が朱色なのが今一つな感じ。国道だけ朱色で普通の道路は今までどおりなのは今一つ解せないのですが、これはやっぱり「国」を強調したいのかな?
家は前と同様に黒でよかった気がします。都市部だと朱色がうるさくなりそうだけれど、どうなんでしょうか。

ちなみに「平成XX年測量」などという記載はなくなり、「平成25年8月調製」と書かれていました。

地図の写真を載せたいところですが、国土地理院の地図の写真などを載せるといろいろ申請とか面倒なので止めておきます。
大きな本屋さんなどで実物を確認してみてください。

値段も330円とかなり高くなりました。(3色刷りは270円でした。)
持っているのにわざわざ買いなおすというほどのものじゃないけど、そろそろ折り目に穴が開いたりしてぼろぼろになりつつある「猪丸」とか、新しいのが出たら買いなおそうかなと思っています。

また、最近は電子地形図25000というものもあって、まだ関東と東北の一部だけですが、画像データで買うこともできるようです。こちらだとA2サイズまで170円で購入可能です。オンデマンドなので、既存の地形図の範囲とは別に好きな場所を指定できるらしいので、4枚にまたがるような場所を1枚で済ませる、なんてこともできるようで、いろいろ便利になっています。

いずれにしても、やっぱり地形図は擦り切れるぐらいまで使い倒したいものですね。

« 錦秋のタワ尾根 | トップページ | 大横川散歩 »

その他情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEW!多色刷り新地形図:

« 錦秋のタワ尾根 | トップページ | 大横川散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ