« 紅葉の伊香保温泉 | トップページ | 三頭山の南面へ »

大混雑の高尾へ

24日(日)は大混雑の高尾へ。

2013112401

前日はワインを飲み過ぎて早朝は起きられず、のんびり高尾に行くことにしました。
相模湖駅で下車して歩き出します。

2013112402

国道をしばらく歩いてしまい、地図を見たら、あれかなり行きすぎじゃないと駅近くまで戻ったら、与瀬下宿の表示がありましたが、ほとんど見えなくなっていました。これじゃ、気づかないよね。(^^;

2013112403

八坂神社からのコースを取ろうと八坂神社までは問題なかったのですが、左の古い作業道に導かれてしまい、怪しい踏み跡になってしまいました。辿っていくと尾根に出たのですが、そこにはテープが。写真のテープの先から出てきたのですが、普通こんな所を歩く人はいないよね。

2013112404

古い作業道らしく、急峻な尾根をしばらく頑張るとこの標識のある一般道に出ました。

2013112405

少し先へ歩くと明王峠3.2Kmの表示がありました。ここへ出てくるはずだったのになぁ。

2013112407

子孫山ノ頭に着くとベンチがありましたが、樹林の中では誰も使わなさそう。

2013112408

三等三角点もひっそりと置かれていました。

2013112409

明王峠に向かって登っていきます。途中には結構大きな木がありました。今まで何度も歩いているけど気づかなかったな。

2013112410

明王峠からはきれいな富士が。やはり雪がある方が富士らしいですね。

2013112411

縦走路はたくさんの人。一丁平付近からは紅葉が楽しめるようになりました。

2013112412

高尾が近づくにつれてなぜか色が良くなっていきます。

2013112413

黄色もいいです。左には赤色の木が。

2013112414

もみじ台はその名の通り、もみじが素晴らしい!

2013112415

山頂のもみじもなかなかでした。

2013112416

それにしても山頂は大混雑。さっさと稲荷山コースに入りましたが、そちらもかなりの人。ケーブルカー駅の付近はもう2時を過ぎているのに、最後尾はこちらです、なんて警備員さんが大行列の整理中。

ものすごい人出でした。

« 紅葉の伊香保温泉 | トップページ | 三頭山の南面へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大混雑の高尾へ:

« 紅葉の伊香保温泉 | トップページ | 三頭山の南面へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ