« 秋のセミロングコース 権現山 | トップページ | NEW!多色刷り新地形図 »

錦秋のタワ尾根

2日(土)は久しぶりに奥多摩へ。

2013110201

やはりタワ尾根は早朝出発が原則。一番電車に乗って青梅駅で乗り換えると声がかかり、見るとkomadoさんでした。バスに先頭切っていくとすでに座席は満杯。最近は人が増えましたね。東日原から歩き出しますが、上の方はガスっていて天気今一つ。

2013110202

オロセ尾根に取り付き、しばらく頑張ります。5年ぶりに見たこのプレート。以前は手書きで→マジックで書いてありましたが、雨に打たれて消えたみたいです。ついでに張り紙で「水源林」の上に「水源管理」が張られていたのですが、すっかり流れてしまっていて、理の「里」の部分だけ残ってしまっていました。(^^;
ちなみに5年前のオロセ尾根はこちら。

2013110203

巡視路を歩いていくと紅葉のきれいな所があります。オレンジはまずまずですね。

2013110204

一本目のウトウ沢にあった桟道。さすが渡る勇気はなく、たいした高さでもないので、降りて登りました。

2013110205

二本目のウトウ沢を登るとウトウ沢のカツラがありました。太さはともかく、かなり高い木ですね。右岸を登ったのですが、危ないトラバースがあったので左岸の方が良かったみたいでした。

2013110206

結構大きなブナもありました。

2013110207

ウトウ沢右岸尾根を登ります。登りやすい尾根でしたが、踏み跡はほとんどありません。途中からはモノレール軌道と一緒です。

2013110208

後半はひどくきつい登りが続いてなかなか辛いです。ようやく登りついた所を左にわずかで1602mの静かな何もないピークでした。

2013110209

すっかり曇ってしまい、岩稜をこなしてウトウの頭。プレートは2枚になったのですね。

2013110210

なかなかきれいな黄葉の木がありました。

2013110211

篶坂ノ丸付近までが一番の良い所。

2013110212

まずまずの色合いですが、この木は印象的でした。

2013110213

篶坂ノ丸付近の小平地では女性二人が昼食中。そこから下るとこの色合いもなかなかでした。

2013110214

そしてミズナラの巨樹。他の人の写真で見てはいたけど、実際に自分の目で見るとやっぱり悲しいですね。

巨樹コースを下るつもりでしたが、ちょっと誤って人形山東尾根を下ってしまいました。

鮮烈な紅葉は自分は見られませんでしたが、それでも秋色の山はいいものでした。

« 秋のセミロングコース 権現山 | トップページ | NEW!多色刷り新地形図 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

「秋色の山」このフレーズイイですね~

昨日までの3連休は山無しだったので、今週末に期待しているのですが、なんだか怪しい感じ。

皆さんのレポを見て、羨ましいを連発しています。

のぞむさん、こんにちは。

やはり紅葉は一週ずれただけで全然別物の山のように状況が変わりますね。
今夜は少し寒いぐらいですし、今週末はそろそろ下の方にまで紅葉が降りてくるのではないでしょうか。
天気は確かにあまり良くなさそうですね。

えー!
ミズナラの巨樹さん、朽ちてしまったんですか。知りませんでした。
残念ですね・・・
と、もうタワ尾根紅葉の時期だったんですね、今年も見逃しました^▽^;

cyu2さん、こんにちは。

ミズナラの木は枝がご覧のとおり落ちてしまったのです。
でも、まだ本体は頑張っているものと思います。
とは言え無残ですよね。

まだミズナラ付近は緑がほとんどですから、下の方は今週あたりまでは楽しめるのでは。
でも、まだちょっと迷いやすい所もありますから、
女性数人でHgさんに来年、オフ会をお願いするといいと思いますよ。(^^;;;

おくればせながらのコメントですが
オロセのプレートの件
毎回写真を撮ってブログにも投稿していたのですが気が付きませんでした
張り紙の「水源林」、「水源管理」
ブログでは分かりませんがオリジナル画像を拡大してみるとしっかり写っていました
観察眼の違いですね~、ぼくなんかそんなことには気が付かず歩いていました~
http://blog.goo.ne.jp/shimada_yama/e/e7964771759b246f4e08ad04ac61b50c
http://blog.goo.ne.jp/shimada_yama/e/e7964771759b246f4e08ad04ac61b50c

失礼しましたブログのアドレスを間違えました

http://blog.goo.ne.jp/shimada_yama/e/e7964771759b246f4e08ad04ac61b50c
http://blog.goo.ne.jp/shimada_yama/e/27d84097afa43145f59556ef184740ae

カセージンさん、こんにちは。

リンク、見させてもらいました。自分がコメントしている事さえ忘れてました。(__)

このプレートはいつ頃からあるんでしょうね。
昔は本当に東京都水源林事務所だったのでしょうか。
その後に東京都水源管理事務所に変わったのでしょうね。
でも、あの管理道は本当に使われているのかなぁ。
今はどちらかというと登山者の方が多いのかもしれませんね。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋のタワ尾根:

« 秋のセミロングコース 権現山 | トップページ | NEW!多色刷り新地形図 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ