« そろそろ紅葉も終盤のお坊山へ | トップページ | 猿ヶ京温泉 まんてん星の湯 »

ごそごそと石砂山、石老山

16日(土)は石砂山へ。

2013111601

三ヶ木からのバスを青野原バス停で下車し、しばらく下っていくとキャンプ場がありますが、対岸の紅葉がなかなかでした。ちなみに白いのは霧がかかっていたのでした。(^^;

2013111602

結構藪っぽい尾根を進んでいくと、杭を見つけてちょっとホッとします。

2013111603

ようやく尾根が分かりやすくなり、ひたすら尾根を追います。

2013111604

途中にあったきれいな黄葉の木。

2013111605

基準点を最初は気づかず、通り過ぎてしまいました。

2013111606

こうなっていたら、普通は直進するでしょう。まっすぐ進むと下りになって、磁石を確認するとあれ?と思い、ふと左を見ると尾根が見えたので、「しまったー」となり、戻ったら基準点がありました。

2013111607

尾根を進んでいくと、再び藪がひどくなりました。鉄塔巡視路を分けてさらに進んでいくと、ようやく藪が少なくなります。

2013111608

しかし、今度は急登があり、踏み跡も怪しくきついところがありました。

2013111609

ようやく登りついた所には椅子と机がポツンと置かれていました。

2013111610

向こうに見えるのは丹沢の山々でしょうね。山頂もすぐそこでした。

2013111611

牧馬峠へ向かいます。最初は急坂ですが、しばらく下ると尾根らしくなりました。

2013111612

途中には赤く紅葉した灌木がありました。

2013111613

ひたすら巻き道を選択して歩いていくと、ようやく牧馬峠に着きました。

2013111614

再び山に取り付いて歩いていきます。途中には石祠が置かれていました。

2013111615

一般道に出てしばらく登れば、石老山の山頂。さすがに人が多かったです。残念ながら富士山は雲に隠れていました。

2013111616

大明神展望台へ。最近はだいぶ木の枝が伸びて展望が邪魔されるようになりましたね。

2013111617

木に付いているのはツタウルシでしょうか?赤色が良かったです。
プレジャーフォレスト前バス停まで歩きました。

« そろそろ紅葉も終盤のお坊山へ | トップページ | 猿ヶ京温泉 まんてん星の湯 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

タイトルを見て「懐かしいですね」と書こうと思ったらこれはまた全然違うコース。リブルさんは神出鬼没ですね。

のぞむさん、こんにちは。

懐かしいというには、早すぎるでしょう。(^^;
でも、大明神展望台へのコースを歩いていて、ちょっと思い出しましたけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごそごそと石砂山、石老山:

« そろそろ紅葉も終盤のお坊山へ | トップページ | 猿ヶ京温泉 まんてん星の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ