« 厚木の高松山 | トップページ | 藤野の里山 »

野火止用水

21日(土)は新座へ。

2013122201

新座駅南口を歩きだし、しばらく歩くとふるさと新座館があります。入ってみると地元産の農産物などが売られていました。陸橋を越えると野火止公園がありました。

2013122202

しばらくは車道の横であまりいい感じではありませんが、信号を過ぎると緑道がいい感じです。ハクチョウらしき鳥がのんびり水辺で漂っていました。

2013122203

農村地帯という感じでいい感じです。

2013122204

左は平林寺の森になります。

2013122205

まだ残り紅葉でした。

2013122207

緑道が終わり、しばらく車道横を歩いて関越自動車道を越え、体育館の横に入ると野火止用水の石碑があります。

2013122208

桜並木などを見て歩いていくと、分流点水門に着きました。右手に分岐しているのが平林寺堀です。

2013122209

しばらくはこの堀に沿って歩いていきます。

2013122210

道路の横に平林寺堀がありますが、途中で水流はなくなってしまいました。再び関越自動車道を過ぎて左に入ると静かな道になります。

2013122211

時間があれば平林寺を見学しても良かったのですが、すでに3時過ぎだったのでバスに乗ってひばりが丘駅に出ました。

« 厚木の高松山 | トップページ | 藤野の里山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
用水路のある長閑な景色がいいですね。
平林寺って、紅葉で有名なお寺でしたよね。

はなねこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

このあたりは初めての散策でしたが、ちょうどお天気も良くて楽しいウォーキングでした。
平林寺にももちろん行ったことがないのですが、紅葉がきれいなのですか。
確かにきれいな森で上の写真にもあるモミジも平林寺の林の末端みたいな所でした。
新緑の頃もよさそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野火止用水:

« 厚木の高松山 | トップページ | 藤野の里山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ