« 藤野の里山 | トップページ | 静かな道から矢倉岳へ »

高取山から高取山へ

23日(月)は丹沢へ。

2013122301

本厚木駅から半原行きのバスに乗って東谷戸入口で下車します。

2013122302

ゴルフ場の中を歩かされます。ちょっぴり迷ったけど、なんとか大平登山口に着きました。

2013122303

道は踏み跡に近い感じもありますが、西山を守る会の道標などが結構あります。倒木が多く、頑張って登っていくと稜線に出て、左へ行くと発句石に着きました。前は採石場で、ここもいつかはなくなってしまうかもしれません。

2013122304

戻って先へ進むとすぐに(荻野)高取山。静かな小さな山頂でした。

2013122305

尾根の右に整備された道もありましたが、やっぱり尾根通りに歩きたくなってしまいました。

2013122306

ふらふらと登っていくと華厳山。右に上荻野への道が分岐します。

2013122307

かなり下ってから経ヶ岳への登りになります。歩いているとびっくりしたのかリスがちょんちょんと木を登っているのを見かけました。そういえばリスはヒルの被害とか遭わないのかな?(^^;
急な登りが続きますが、もみの大木が多いです。
根本には最近設置された地蔵がありました。

2013122308

経ヶ岳に着きます。

2013122309

雪を抱く丹沢の稜線の山々を眺められました。天気が悪かったのが残念な所。

2013122310

少し下ると経石がありました。

2013122311

仏果山まではそんなに遠くないように見えましたが、意外に距離があります。

2013122312

半原越は林道が通っています。

2013122313

土山峠への道の分岐付近。前に仏果山が見えてきますが、結構登らなくてはなりません。

2013122314

久しぶりの仏果山。風が冷たく、寒い山頂でした。展望台もありますが、登る気になりませんでした。

2013122315

下って高取山を目指します。

2013122316

ようやく高取山に到着。

2013122317

まだ山頂付近にはうっすら雪が残っていました。

2013122318

ふれあいの村への道に入りました。前半はのんびりコースですが、後半は疑似木段の道が続いてなかなか足にきます。分岐を右に右にと取って、松葉沢沿いの林道に出ました。

2013122319

のんびり半原への道を歩いていると、かなり風化していますが双体道祖神を見つけました。

2013122320

撚糸(よりいと)組合前のバス停で時刻を見ると1時間に1本のバスが後5分で来るというラッキーなタイミングでした。(もう少し半原バス停まで歩けば、別ルートのバスもあるので30分に1本バスがあります。またここからは厚木バスセンター行きの後に淵野辺駅行のバスもあります。)

« 藤野の里山 | トップページ | 静かな道から矢倉岳へ »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは
リンクしていただきありがとうございました。

実はこの日、私も友人と高取山・仏果山に行く予定にしていました。
白くなった丹沢山塊を眺めに行こうと思ったのですが
お天気悪そうなので(軟弱者 ^^;)中止にしたんです。
惜しかったです。

はなねこさん、こんにちは。
こちらこそ相互リンクして頂き、ありがとうございました。

あらあら、そうだったのですか。
仏果山あたりは冬場に良いハイキングコースですね。
自分も以前、やはり雪のある時に歩きました。
この日は日差しはなく、ちょっと寒かったですから、正解だったかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高取山から高取山へ:

« 藤野の里山 | トップページ | 静かな道から矢倉岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ