« 十国峠ハイキング | トップページ | 城跡と干支の山 »

武蔵嵐山城跡めぐり

12日(日)は奥武蔵へ。

2014011201

東武線武蔵嵐山駅を歩き出し、まずは大平山へ。以前に仙元山から嵐山渓谷を歩いたのですが、その時は大平山を巻いてしまったので、歩き残した山でした。

2014011202

山頂には案内板と祠がありました。

2014011203

ちょっと暗い感じの山頂だったので、先へ進んであずまやへ。暖かい陽射しがあり、ベンチもたくさんありました。

2014011204

道路に戻って先へ進み、小倉集落へ。大福寺の手前には城跡への道標と石碑、横には石仏もありました。

2014011205

小倉城跡は珍しい石を使った城跡。土塁や空堀などがしっかり残っています。

2014011206

本丸の付近には説明版と石碑がありました。

2014011207

二の丸付近の空堀。

2014011208

北へ向かうと嵐山渓谷を示す手製の木札。これにしたがって北に進み、小倉集落に下りました。

2014011209

再び道路を歩いて嵐山渓谷への道へ。のんびり歩くにはぴったりの道。

2014011210

久しぶりの嵐山渓谷。さすがにこの時期は静かな感じでした。

2014011211

駅へ向かう途中には昔の道しるべ。しっかり越生方面とか熊谷方面とか読めますね。

2014011212

菅谷館に立ち寄ってみます。ここは畠山重忠の居城だったと言われる場所。畠山重忠像がありました。これは昭和初期の頃に作られたものだそうです。

2014011213

やはりしっかり土塁の跡や堀の跡が残っています。

2014011214

本丸跡の眺め。古木が何本も立っています。
実際にはここに館があったそうですが、畠山重忠は天下を取ることを夢見ていたのか、それとも天下泰平を望んでいたのでしょうか。

のんびりと武蔵嵐山駅に戻りました。

|

« 十国峠ハイキング | トップページ | 城跡と干支の山 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵嵐山城跡めぐり:

« 十国峠ハイキング | トップページ | 城跡と干支の山 »