« 静かな道から矢倉岳へ | トップページ | 西品川温泉 宮城湯 »

東海七福神

2014年の七福神めぐりは東海七福神にしました。

2014010201

京浜急行新馬場駅で下車し、横断歩道を渡ればすぐに大黒天の品川神社。石段横には大黒天の石像がしっかり置かれています。

2014010202

境内左手には品川富士があります。石段から登るのが正しい道のようで、合目表示も置かれていました。登った上から見える景色はビルなどの眺めでした。

2014010203

下には「ぶじかえる」の石像。ふじとぶじを掛けているのでしょうね。

2014010204

少し商店街を歩き、脇道に入ると布袋尊の養願寺があります。ちょっと人が多く、あまりいい写真が取れなかったので、門の写真で。銅像阿弥陀如来像と木造不動三尊像があるそうです。

2014010205

わずかに歩くと一心寺。こちらは寿老人でした。

2014010206

しばらく通りを歩いて川の手前を右に曲がれば恵比寿様の石像のある荏原神社。なかなか風格のある神社でした。

2014010207

だいぶ歩いて青物横丁あたりまでいくと、ようやく品川寺。こちらは毘沙門天でした。

2014010208

再びかなり歩いて立会川を渡り、右に曲がると天祖諏訪神社。こちらには木造の福禄寿が置かれていました。

2014010209

また歩いていき第一京浜が近くなると鈴ヶ森刑場跡がありました。

2014010210

大森海岸の先へ行けば磐井神社。

2014010211

境内左手に弁財天がありました。

2014010212

神社を出た所には磐井の井戸があります。ここも境内だったそうですが、国道の拡張で道脇となってしまったそうな。

大森海岸駅はすぐ近くですが、大森駅まで歩きました。

これで今年も良い年になることでしょうね。(^^)

« 静かな道から矢倉岳へ | トップページ | 西品川温泉 宮城湯 »

七福神巡り」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

初詣がこのコースとはリブルさんらしいですね。

今年もよろしくお願いします。

のぞむさん、こんにちは。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海七福神:

« 静かな道から矢倉岳へ | トップページ | 西品川温泉 宮城湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ