« 竪川ウォーキング | トップページ | 本の表紙写真やめました »

白鳥を見に

山にいくつもりでしたが、いろいろあって5日もウォーキングへ。

2014010501

北総線印旛日本医大駅を下車したのはすでにお昼過ぎでした。

2014010502

しばらく歩いて鳥見神社。静かな神社でした。

2014010503

下っていくと慶昌寺。大黒天が置かれていました。

2014010504

ちょっと道に迷いながら進んでいきます。

2014010505

ようやく着いた東漸寺。

2014010506

不思議な狛犬。ちょっと目がとろんとしていて酔ってるの?(^^;
猫っぽくも見えますね。

2014010507

そのあとがまた迷いまくり。地元の方にもお話を聞いて、ようやく第六天らしい神社に到達しました。

2014010508

中根城跡を探索しましたが、結局どこにあるのかわからず。下って道に出ましたが、これまた正しい道かどうかわからず。磁石を見て北に進み、小さな神社を発見。これまた神社名が書かれておらず、ひたすら北に進むとようやく市杵島神社があって、ようやく正しかったと知ります。裏手にあった石仏。久しぶりに子育地蔵を発見。

2014010509

少し先へ歩いていくと庚申塔が並んでいますが、見ざる、言わざる、聞かざるの石碑がありました。

2014010510

さらにかなり歩いてようやく白鳥の郷に到着。

2014010511

天気が悪い上に、もう時間が遅くなってしまってあまり良い写真が撮れませんでしたが、結構いますね。

2014010512

飛んでいる写真をきれいに撮るのは難しいですね。ちょっとピントずれでした。

2014010513

お見合いのカップル多数?

2014010514

なんとか暗くなる前の4時30分頃にJR成田線小林駅に到着できました。

« 竪川ウォーキング | トップページ | 本の表紙写真やめました »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、相変わらずフットワーク軽いですね!
千葉に白鳥がいるんですか!本当に色々ご存知で頭が下がります。

それはそうと。
洒水の滝、行かれたんですね♪あのルート、なかなか地味ですよね・・・
セントラル広場の辺りは道が一杯で解りにくいし・・・でも同じところ歩かれたの見たら嬉しくなりました。
今年もよろしくお願いいたします(*^_^*)

cyu2さん、こんにちは。

白鳥の郷は平成4年くらいから餌付けしているようです。
天気が悪かったのがちょっと残念でしたが。

よくあんな崩壊地を歩きましたねぇ。
結構cyu2さんは、怖いもの知らず?(^^;

こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥を見に:

« 竪川ウォーキング | トップページ | 本の表紙写真やめました »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ