« 武蔵嵐山城跡めぐり | トップページ | 北高尾の尾根遊び2 »

城跡と干支の山

遅くなりましたが、13日(月)は奥多摩へ。

2014011301

武蔵五日市駅から数馬方面行のバスに乗って本宿役場前バス停で下車します。バス停の目の前にあるのが、武州檜原村口留番所跡。木戸だけが復元されたもので、案内板は平成5年の表示がありました。もちろん戸は開きません。

2014011302

橘橋から下りるとエノキの木があるそうですが、写真真ん中の木かな?

2014011303

戻ると岩舟地蔵尊がありました。いつの頃か「郷送り」されてきたと言われる木造丹塗りの半跏像だそうです。

2014011304

信号を渡って少し進むと吉祥寺があります。

2014011305

お墓の間を通って13仏巡拝入口のアーチをくぐり、さらに登ると案内板があり、それを見て登っていきます。これは1番の不動明王。

2014011306

途中6番と7番を飛ばしてしまいましたが、帰りに見ることにしてまずは登って檜原城跡へ。これは二の丸跡。

2014011307

少し先へ行くと木祠と石仏がいくつかあり、檜原城山の表示もありました。

2014011308

はるか下に町並みをよく見ることができ、やはり地形的に城跡らしい場所だったようです。現地の案内板によると、城主などよくわかっていないが、後北条氏時代の後半に築かれたものらしいようです。この先のピークまで行けそうですが、風がひどく冷たいし、採石場など見ても面白くないので、このあたりで引き返すことにしました。

2014011309

帰りはしっかり6番7番を見てから下り、春日神社へ。

2014011310

裏手に行くとこれは大ケヤキ。高さ33mあるそうですが、なんと言ってもその太さ。ものすごい大きさです。何度もこのあたりに来てますけど、こんな大きな木があることを知らなかったです。

2014011311

しばらく歩き、千足の集落から右に曲がって茅倉の集落へ向かいますが、途中はひどく寒かったです。集落に入るとそれほどではなくなり、だいぶ上に歩 いた所で馬頭刈山などを示す道標がありました。

2014011312

一般登山道ですが、ここはまだ歩いたことのなかった道。途中で1グループ登っている人達をパスして登っていきました。ひたすら登りの続く道です。

2014011313

ようやく登りついた所は馬頭刈尾根の縦走路。

2014011314

少し歩けば鶴脚山。単なるピークです。

2014011315

さほどはかからず、馬頭刈山に到着。

2014011316

やはり大岳山の眺めがいいですね。お昼を過ぎていたためか、誰も来る人がおらず、静かな山でした。

2014011317

最近、間伐事業で切り開きがされたので、ちょっと下ると眺めが広がっていました。

2014011318

ちょっと歩けば、高明山。

2014011319

東尾根を下りますが、なかなか地形を読むのが難しい感じ。ちょっと迷いましたが、なんとか下っていくと途中から日の出山から大岳山あたりがよく見えました。

2014011320

しかし、その後も迷いまくり。598m先の分岐など分からず、とりあえず足任せに下って、最後は藪だらけの斜面に入り込んでしまい、ひどい下りでしたが、なんとか怒田畑に降りられました。

2014011321

道路を歩いて途中で右に瀬音の湯の表示があったので、そちらに入ったら、登り返しになってしまいました。結局、以前通った長岳尾根の橋に出てしまい、せっかくなので山道を歩きました。

2014011322

最後は久しぶりに瀬音の湯にのんびり浸かって、温まって帰りました。

« 武蔵嵐山城跡めぐり | トップページ | 北高尾の尾根遊び2 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさんも光明山の東尾根を歩かれたのですね
ぼくは下から上がったのですが地元の人に聞いたにも関わらず取付きに失敗して山道に合流出来たのは標高にして150mくらい上がったところでした
そこからはかなり明瞭な山道があり登りでは迷うことも無かったのですが下りでは分岐で悩むだろうなと思われるところは何箇所か有りましたね
また取付きを確認しに行かなくてはと思っています

カセージンさん、こんにちは。

途中までは確かに下りは難しかったけど、踏み跡は認められました。
下部のあたりには、いくつも山道があるようなのですが、
最近はほとんど使われなくなっているみたいです。
下から登る方が正解ですね。

このところ間伐の手が入っているようで平成25年の文字も見ましたから、
奥多摩の他の場所のように、もしかするとあのあたり、
一面バッサリと切られてしまったりする可能性もあったりするかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城跡と干支の山:

« 武蔵嵐山城跡めぐり | トップページ | 北高尾の尾根遊び2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ