« 本の表紙写真やめました | トップページ | 武蔵嵐山城跡めぐり »

十国峠ハイキング

11日(土)は十国峠へ。

2014011101

熱海駅から十国峠登り口経由元箱根行に乗ります。十国峠登り口を経由する早い時間のバスがなく、9:18が最初なのでこれに乗りました。
十国峠登り口で下車すると富士がきれいです。

2014011102

ケーブルカーは片道210円と安いです。山頂駅までは3分ほどでした。

2014011103

十国が見えるというだけあって、素晴らしい展望。さすがにちょっと霞気味で、南アルプスはわからなかったけど、富士から駿河湾、相模湾、箱根の山など360度の展望でした。スカイツリーはなんとなくこれかなと思ったものがありましたが、本当にそうなのか断定できませんでした。

2014011104

芝地が広がっているそうですが、一面雪でした。後ろを振り返るとやっぱり富士。

2014011105

源実朝の句碑がありました。

2014011106

しばらく下ると日金山東光寺。鎌倉時代から続く古刹だそうです。

2014011107

あたりには石仏が多く、石仏の道が熱海の方に続いています。途中の湯河原温泉への分岐には大正時代の道しるべ。

2014011108

岩戸山は海の眺めのある山頂でした。

2014011110

別荘地付近はちょっと迷いますが、なんとか歩いていくと七尾峠。そこから林道に入るのですが、これが案内もなく、先の方はちょっと心細くなります。水道施設分岐を過ぎると踏み跡に変わり、細い踏み跡をたどって下っていくと簡易舗装の道になってミカンなど柑橘類の畑がありました。

2014011111

やっぱり青空の日の海の眺めは気持ちいいですね。

2014011112

湯河原駅へ出て、揚げかまぼこをお土産に買って帰りました。

« 本の表紙写真やめました | トップページ | 武蔵嵐山城跡めぐり »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

ここ、イイですね。行きたくなりました。
でも、18切符を使わないと、都内からでは結構お高くつきますよね。
行けるのは来年かな~

ちなみにりブルさんはどんな技を使ったのですか?

のぞむさん、こんにちは。

こちらはまだ行かれていませんでしたか。
のぞむさんなら車で行くのが普通でしょう。
バスの時間が遅いから、どうしても雲がかかってしまいます。
ケーブルカーはあまり早い時間には運転していないので、車でも変わらないかもしれませんが。

ちなみに小田急線を使っただけですよ。
JRで行くよりは安上がりです。

十国峠、いいですね~。
途中までは行ったことあるのですが・・・
みかんと坂と海の画を見ると、熱海(あたり)だな~って思います。
なんとなく子供の頃の家族旅行を思い出させてくれ、
ノスタルジックな気分にさせてくれるエリアで好きですよ~。
冬は特にいいですね♪拝見してるだけで頬に冷たい海風の心地よさが伝わってきました。

cyu2さん、こんにちは。レスが遅くなりました。

このあたりに行かれたことがありますか。
ハイキングでなくても、観光やドライブスポットでもありますね。
やっぱりこのあたり真冬が一番ですね。
空も海もブルーだとやはり気持ち良い歩きでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十国峠ハイキング:

« 本の表紙写真やめました | トップページ | 武蔵嵐山城跡めぐり »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ