« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

つぼ足踏み抜き地獄の高水二山

22日(土)は奥多摩へ。

2014022201

拝島で乗り換えると、なんと奥多摩行きの表示。金曜日の夕方くらいの情報だと御嶽駅までということだったのでびっくりでした。まだ軍畑駅のホームにもだいぶ雪が残っていました。8時30分前に出発。

2014022202

道路は除雪されていて普通に歩けましたが、やはり道横には除雪した雪が大量にありました。登山口に向かいますが、最奥の一軒の家までは除雪されていたものの、先は雪道でした。

2014022203

とにかくすごい雪。膝上まで埋まるところもありました。
わずかに歩いた人の足跡が残っていますが、急斜面の登りは辛かったです。上が凍り、下はフカフカの雪なので、特に沢から左に曲がるところは踏み抜きまくり。登るのがやっとというところもありました。常福院へは右をトラバるはずですが、直進して休憩舎に直接たどりつきました。

2014022204

そこからの登りも木などがあるところは土が出たりしていましたが、やはり深いところは膝までありました。

2014022205

山頂でしばらく休憩。見ていたら、岩茸石山に向かう人が結構いました。

2014022206

ということで自分も岩茸石山を目指しました。トレースは一人くらいで、前を若いペアが行ってくれたので、多少気が楽でしたが、やはり踏み抜きはかなり多かったです。もうすでに12時でした。

2014022208

惣岳山に向かう方も深い雪。右側は風が強かったのか、比較的雪が少なく、左手は多かったです。まるで雪国の山の感じでびっくりでした。

2014022209

トレースは一人つぼ足とスノーシューの跡がありました。写真のように比較的道っぽく見えるところがあり、簡単に歩けそうに見えましたが、雪が深く、一、二歩歩くごとにズボッと踏み抜く、踏み抜き地獄と化していて、無茶苦茶、時間がかかりました。

2014022210

途中、沢井駅への分岐がありますが、頑張って御嶽駅へ。もちろん踏み抜き地獄は当然続きました。ひたすら頑張り、お寺の横に出てきた時に16時を示す音楽が鳴り響きました。

2014022211

御嶽駅にも雪がしっかり残っていました。足先が冷たいのでホームのベンチに座って靴を脱ぐと靴下が絞れるくらい氷水に浸かっていました。膝上の雪でスパッツの間から雪が大量に靴の中に入ってしまったようです。足先の感覚が失われないように、靴の中で動かしながら帰りました。

やっぱりスノーシューが欲しい!と本気で思った山歩きになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秦野天然温泉 さざんか

渋沢丘陵の帰りは、久しぶりに初めての温泉施設へ。

2014021631

ということで、渋沢駅から二駅乗った東海大学前駅で下車。
駅から5分ほど歩いたところにある「秦野天然温泉 さざんか」へ。
結構な斜度のある坂を登らなくてはいけないので、筋肉痛の時は辛いかも。(笑)

入浴料は700円と比較的安価で登山者でも使いやすい施設。

内湯へ入ってみると体が冷えていたせいか、そんなに温度は高くないと思いましたが、41度くらいあったようです。

露天風呂はわずかに熱めに設定されていましたが、外に出るとやはり風があって体が寒く、温泉に浸かると気持ちよい感じです。残念ながらお風呂に入っていると景色は見られないです。まあ町中なので仕方ないかな。

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色透明なお湯。
あまり濃いお湯ではないのかと予想していましたが、露天風呂にあった成分表を見ると成分総計は1550mgを超えていて、意外に濃いお湯でした。

風呂上りは肌がしっとり、すべすべの感じで、なかなかいいお湯でした。
駅から近いのが便利です。大学が近いので、学生さんも多く、夕方はかなり混みそうですが、また機会があれば利用したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の丹沢山塊を見に

16日(日)は丹沢の渋沢丘陵へ。

2014021621

秦野駅の南口に出ますが、予想外に雪がありませんでした。雨で溶けちゃったかな。
雪を予想した重装備が裏目に。(苦笑)

2014021601

歩き出して、しばらく歩くと今泉湧水があります。今泉名水桜公園という公園です。

2014021602

途中には梅も咲き、暖かい中を歩いていきます。

2014021603

途中には白笹稲荷神社。この日は何かの縁日だったようで、屋台なども多数あり、準備していました。せっかくなのでお参りしておきました。

2014021604

大きなケヤキの木はご神木ですね。

2014021605

道路を緩やかに登っていくと、やはり丹沢山塊の眺めがまるでアルプスのようでした。

2014021607

登りついたあたりからは富士も見えました。かなり富士は風が強かったようで雪煙が上がっていました。

2014021608

道路を下ると震生湖。名前の通り関東大震災でできた湖だそうです。

2014021609

浅間台あたりから雪道になります。

2014021610

だいぶ歩いて栃窪神社の分岐。せっかくなので神社に立ち寄ることにしました。

2014021611

雪道はたいした距離でもないのに、やはり時間がかかります。神社の前には雪が積もっていて、踏み込むとズボッと足がはまりました。ようやく乗り越えてお参りしました。

2014021612

分岐に戻って山道をしばらく登っていきます。だいぶ歩いて、この道で大丈夫かなと思いかけた頃、小さな社がありました。宇主山の幡龍王様だそうです。

2014021614

ベンチのある展望台がありました。ここも雪があり、深いところは足が膝下ぐらいまで潜るところもありました。

2014021615

途中でオオボケかまして、南の篠窪に下ってしまい、15分ほどロス。戻って正しい道を見つけて歩いていきますが、雪が溶けてかなりグチャグチャ。ようやくZUKOYAMAと書かれた石碑があります。「Pray hill」とも書かれていて、何かの祈りの場所でもあるのかもしれません。

2014021616

雪道を登っていけば、頭高山に着きます。ここまでの途中では何人も会いましたが、山頂は独り占めでした。

2014021617

少し下ったところには四等三角点が埋まっていました。

2014021618

渋沢駅に向かって下っていきます。少し下ったあたりから見る景色もなかなか。

2014021619

道路に出て歩いていきます。途中には名水若竹の泉。成分などの分析によると細菌が少し多めで、煮沸せず、そのままの飲用には不適のようです。住宅地なので仕方ないですね。が、ごくわずかだけ飲んでみました。やっぱりあまり美味しいとは思えませんでした。

2014021620

だいぶ歩いて渋沢駅に着きました。秦野駅よりは雪があるみたいでした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

永山から多摩センターへ

9日(日)はさすがに山は行けず、散歩に。でも、やはり雪が多量にあって歩くのも大変でした。

2014020901

京王線永山駅から歩き出し、まずは麦花塚へ。でも、途中、道を間違えてだいぶ遠回りしてしまいました。
大きい方の地蔵は寛文8年(1668)、隣の小さいほうは延宝元年(1673)のものらしいです。大きい方は年号が読めましたが、小さい方は読めませんでした。

2014020902

こちらが麦花塚。この近くの出身の歌人、浜田助左衛門の和歌などが刻まれた石碑ということでした。

2014020903

貝取山緑地に入りますが、さすがに雪道。

2014020904

公園は雪原と化していました。

2014020908

樹齢100~150年のシラカシがありますが、残念ながら雪で根元にある庚申塔は見ることができませんでした。

2014020905

白山神社に寄りますが、さすがにここもズボッと埋まるくらいの雪でした。

2014020906

多摩中央公園もたくさんの子供たちと雪だるまでした。旧富澤家住宅に立ち寄ります。久しぶりの古民家でした。

2014020907

目の前の池はすっかり凍っていました。

多摩センター駅まで歩きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予定外の陣馬山

1日(土)はまた干支の山、陣馬山へ。

2014020101

家を早朝出発し、とある山に向かったのですが、なんと土曜日の朝に人身事故とは。とほほ。
バスに乗る予定かつ1本しかないバスだったので、行くのはとても無理と判断。やい、途中までの往復料金返せ!って感じでした。(怒)

ということで、転進して、地図もないので、そこは知ったる高尾へ。小仏バス停から歩き出して、直接景信山へ。

2014020102

天気がいいのが恨めしい。でも、もう春の雰囲気で霞んでいました。

2014020103

陣馬山まで歩きます。まだ2月初めだというのに変に暖かく、木々の芽も膨らみつつあるようで、春の雰囲気です。

2014020104

ということで干支の陣馬山頂。富士は霞みすぎでほとんど見えませんでした。

2014020105

明王峠まで戻ります。

2014020106

先日も来た、子孫山ノ頭へ登りました。

2014020107

なんとなく小原宿への道標に惹かれて下ります。一般登山道ですがマイナーコース。途中にはベンチもありました。

2014020108

下っていくと祠のある場所からは相模川の良い眺め。まだまだ知らない場所がたくさんあります。

2014020109

下りついたところには小原宿の建物。小原宿本陣もすぐそばでしたが、以前にも見ているのでそのまま素通り。相模湖駅まで歩きました。

2014020110

番外編:

相模湖駅には試運転の211系が止まっていました。もしかして115系もそろそろ引退かな?
でも、この車両、通勤電車タイプの座席なんですよね。115系のような対面座席の車両に比べて着席機会が減りそうな気が。長い中央線で立ちっぱなしは辛いかも。あんまり変わって欲しくないなぁ...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »