« 予定外の陣馬山 | トップページ | 雪の丹沢山塊を見に »

永山から多摩センターへ

9日(日)はさすがに山は行けず、散歩に。でも、やはり雪が多量にあって歩くのも大変でした。

2014020901

京王線永山駅から歩き出し、まずは麦花塚へ。でも、途中、道を間違えてだいぶ遠回りしてしまいました。
大きい方の地蔵は寛文8年(1668)、隣の小さいほうは延宝元年(1673)のものらしいです。大きい方は年号が読めましたが、小さい方は読めませんでした。

2014020902

こちらが麦花塚。この近くの出身の歌人、浜田助左衛門の和歌などが刻まれた石碑ということでした。

2014020903

貝取山緑地に入りますが、さすがに雪道。

2014020904

公園は雪原と化していました。

2014020908

樹齢100~150年のシラカシがありますが、残念ながら雪で根元にある庚申塔は見ることができませんでした。

2014020905

白山神社に寄りますが、さすがにここもズボッと埋まるくらいの雪でした。

2014020906

多摩中央公園もたくさんの子供たちと雪だるまでした。旧富澤家住宅に立ち寄ります。久しぶりの古民家でした。

2014020907

目の前の池はすっかり凍っていました。

多摩センター駅まで歩きました。

« 予定外の陣馬山 | トップページ | 雪の丹沢山塊を見に »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

雪の多摩丘陵を歩くのも楽しいですね。
多摩丘陵は、奥多摩と違って里山として生活と密着している
ところがいいですね。
もう少し、暖かくなったら万葉集に「多摩(多麻)の横山」と
詠われた多摩丘陵を歩く計画をしていたところです。
府中を要として奈良時代より道が開かれているのです。

多摩人さん、こんにちは。

このあたりは散歩に適したコースがたくさんありますね。
この大雪だと随分違った雰囲気でした。

多摩よこやまの道も楽しいですね。自分も何度も歩いています。
唐木田駅から歩き出すもよし、連光寺バス停あたりから歩き出すのもいいし、小山田緑地方面へ歩くのもまた楽しいです。
やはり散歩はのんびり行きたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永山から多摩センターへ:

« 予定外の陣馬山 | トップページ | 雪の丹沢山塊を見に »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ