« 永山から多摩センターへ | トップページ | 秦野天然温泉 さざんか »

雪の丹沢山塊を見に

16日(日)は丹沢の渋沢丘陵へ。

2014021621

秦野駅の南口に出ますが、予想外に雪がありませんでした。雨で溶けちゃったかな。
雪を予想した重装備が裏目に。(苦笑)

2014021601

歩き出して、しばらく歩くと今泉湧水があります。今泉名水桜公園という公園です。

2014021602

途中には梅も咲き、暖かい中を歩いていきます。

2014021603

途中には白笹稲荷神社。この日は何かの縁日だったようで、屋台なども多数あり、準備していました。せっかくなのでお参りしておきました。

2014021604

大きなケヤキの木はご神木ですね。

2014021605

道路を緩やかに登っていくと、やはり丹沢山塊の眺めがまるでアルプスのようでした。

2014021607

登りついたあたりからは富士も見えました。かなり富士は風が強かったようで雪煙が上がっていました。

2014021608

道路を下ると震生湖。名前の通り関東大震災でできた湖だそうです。

2014021609

浅間台あたりから雪道になります。

2014021610

だいぶ歩いて栃窪神社の分岐。せっかくなので神社に立ち寄ることにしました。

2014021611

雪道はたいした距離でもないのに、やはり時間がかかります。神社の前には雪が積もっていて、踏み込むとズボッと足がはまりました。ようやく乗り越えてお参りしました。

2014021612

分岐に戻って山道をしばらく登っていきます。だいぶ歩いて、この道で大丈夫かなと思いかけた頃、小さな社がありました。宇主山の幡龍王様だそうです。

2014021614

ベンチのある展望台がありました。ここも雪があり、深いところは足が膝下ぐらいまで潜るところもありました。

2014021615

途中でオオボケかまして、南の篠窪に下ってしまい、15分ほどロス。戻って正しい道を見つけて歩いていきますが、雪が溶けてかなりグチャグチャ。ようやくZUKOYAMAと書かれた石碑があります。「Pray hill」とも書かれていて、何かの祈りの場所でもあるのかもしれません。

2014021616

雪道を登っていけば、頭高山に着きます。ここまでの途中では何人も会いましたが、山頂は独り占めでした。

2014021617

少し下ったところには四等三角点が埋まっていました。

2014021618

渋沢駅に向かって下っていきます。少し下ったあたりから見る景色もなかなか。

2014021619

道路に出て歩いていきます。途中には名水若竹の泉。成分などの分析によると細菌が少し多めで、煮沸せず、そのままの飲用には不適のようです。住宅地なので仕方ないですね。が、ごくわずかだけ飲んでみました。やっぱりあまり美味しいとは思えませんでした。

2014021620

だいぶ歩いて渋沢駅に着きました。秦野駅よりは雪があるみたいでした。

 

« 永山から多摩センターへ | トップページ | 秦野天然温泉 さざんか »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

丹沢が凛々しいですね。違う山のように見えます。
秦野のあたりは雪がほとんどなかったのですね。
驚きました。
驚いたと言えば、私も実は月曜日に渋沢丘陵を歩こうかと思っていたんです。
でも、雪との格闘に疲れて、結局は家にいました。

はなねこさん、こんにちは。

この日はやはり大雪のおかげで塵や埃がすべて雪に含んで落ちてしまったようで、
とても空気が澄んでいました。

駅を降りて駅前に雪がわずかだったのは自分もびっくりでした。
大雪に備えてロングスパッツやストックも用意していたのに、まったく不要でした。

渋沢丘陵は短すぎるというイメージで、今まで歩いたことがありませんでしたが、
駅から歩き出せるし、やめようと思えばいつでも途中で止められるし、
こういう時にはいい山ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の丹沢山塊を見に:

« 永山から多摩センターへ | トップページ | 秦野天然温泉 さざんか »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ