« 座間谷戸山公園から秋葉山古墳群 | トップページ | 奥沼津アルプス »

藪山迷走

のんびり起きた朝は近くの藪山へ。ということで16日(日)は五日市の藪山へ。

2014031601

八王子からのバスを影沢で下車します。

2014031602

地形図の神社記号に向かい、沢沿いの踏み跡を辿ると登りになって、途中には蛇像が置かれていました。

2014031603

さらにじぐざぐに登れば着いたところは金比羅山。

2014031604

踏み跡を辿っていくと、天合ノ峰に着きました。

2014031605

きれいな三等三角点が置かれていました。

2014031606

先へ進みますが、途中には分岐もあってわかり難いです。小さなピークに着きました。

2014031607

土地区画整理の基準点がありました。そのうちには住宅地などに変わってしまうのかも。

2014031608

右往左往して戸沢峠への道を探しましたが、結局は失敗して天合峰トンネルを抜けた先の近くに降りてしまいました。納得が行かないので車道を歩いて戸沢峠へ。

2014031609

急な登りを頑張り、尾根を進むと一度は来た場所に出ました。そのまま進んで基準点のあるピークまで行きました。

2014031610

影沢に戻ってもよかったのですが、やはり再び下ってみようと同じ尾根を戻ります。しかし、さきほど登ったところなのに、もう間違えそうになります。ここは入口は踏み跡もなく、非常にわかり難いです。急降下は踏み跡がありますが、気をつけなくてはいけません。

戸沢峠に戻った所ですでに2時。短いですが、この辺で打ち切りとして戸沢バス停に下りました。

もちろん登山者には誰にも会わず、藪山で遊んだ一日でした。

« 座間谷戸山公園から秋葉山古墳群 | トップページ | 奥沼津アルプス »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藪山迷走:

« 座間谷戸山公園から秋葉山古墳群 | トップページ | 奥沼津アルプス »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ