« 伊豆長岡温泉 あやめ湯 | トップページ | 矢川緑地から谷保天満宮 »

鷲の巣山へ

23日(日)は久しぶりに久慈の山へ。

2014032101

上小川駅で下車します。最近は気動車もきれいになりました。なんか黒い雲がいて、あれあれいい天気じゃなかったの?

2014032103

しばらく歩いて久慈川を渡り、山造バス停が登山口。ちなみにバスは平日のみ朝夕2本なので利用は無理でしょう。

2014032104

茶畑の中を登ると、地元のおばあさんが一人佇んでいました。その付近からは近くの山が眺められましたが、よく来ているのでしょうか。
登っていくと岩っぽい尾根になります。小粒だけれど、なかなかの山。

2014032105

岩峰からは久慈川の眺めを楽しむことができました。

2014032107

ちょっと肌寒い風が吹いたと思ったら、雨粒がおちてきました。雨具は持っていたけど、まさか使うのかと思いましたが、しばらくすると止んでくれたので助かりました。登り付いたところは旧山頂。道標がありました。

2014032108

袋田方面への下山道を分岐し、少し進めば鷲の巣山の山頂。祠がありました。手前に3人のグループがいて、太郎山まで行くのか聞かれましたが、そんな気はありませんでした。

2014032109

少し戻って下山の尾根に入ります。かなり急な下りですがトラロープがあります。

2014032110

かなり下ったところの道標。若干わかり難い感じの部分もなくはないですが、テープがたくさん付いているので問題はありません。曲がり角には必ず道標がありました。

2014032111

暗い樹林を抜ければ登山口でした。

2014032112

天気が今ひとつですが、車道を歩いていると遠くに男体山の稜線を見ることができました。右下は梅が咲いていました。

2014032113

袋田駅に着くとなぜか天気がよくなってきました。

« 伊豆長岡温泉 あやめ湯 | トップページ | 矢川緑地から谷保天満宮 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鷲の巣山へ:

« 伊豆長岡温泉 あやめ湯 | トップページ | 矢川緑地から谷保天満宮 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ